よもやま話

水害に強い家にするために知っておきたい5つのポイント

「家づくりをしています。ハザードマップを見ると大雨が降った場合に1mくらい浸水してしまう可能性がある地域なのですが、水害に強い家にするために何か方法があれば教えてもらえないでしょうか?」

読者の方からこのような質問をもらいました。

ここ数年、大きな水害が続いていますが、やはり家を建てるなら家族を守るためにもできる限り被害は少なくしたいものです。

では、水害対策として家を建てる際にどのような点を気をつければいいのでしょうか?

今回は水害から家を守るための方法について詳しく見ていきたいと思います。

家を建てる土地の事を知る

災害について考える場合、まずはどんな土地に家を建てるのか地域の特性を知ることが第一歩となってきます。

地域によって洪水の被害が起こりやすい土地や土砂崩れの危険性がある土地など、様々な特性があるからなんですね。

そんな地域の特性を知ると時に役に立つのが自治体が出している「ハザードマップ」です。

(ハザードマップとは自然災害が起こった際、どのような被害が出る可能性があるかを地図にしたものになります)

たとえば、近年多摩川による水害が起こった世田谷区のハザードマップを見てみると、下のように被害が大きくなりそうな地域に色付けがされています。

ハザードマップ

Photo:https://www.city.setagaya.lg.jp

このようにハザードマップを見ることで大雨が降った場合にどれくらい浸水する可能性が土地なのかが分かるんですね。

また、ハザードマップには水害以外にも土砂崩れなどについても記載されているので、家を建てる際や土地を購入する前には必ず確認しておきたい資料と言えます。

 

ちなみに先ほどの世田谷区のハザードマップでは10m以上浸水する地域がありましたが、10mと言うと3階建ての家の屋根が大体10mくらいとなるので2階建ての家であれば全て水没することになります。(2階建ての家の屋根で6mから9mくらいです)

そうなると屋根の上にも逃げることができないくらい浸水する地域となり、大雨の際は必ず早い段階で避難が必要な地域となってくるんですね。

川沿いの家は見晴らしが良かったり気軽に川沿いを散歩できたりとメリットも大きいですが、災害の際は大きな被害が出る可能性も高い悩ましい土地と言えます。

 

その他、洪水が起こる際は堤防から水が溢れる「外水氾濫」の他に、住宅地に降った雨水が下水などで処理しきれずあふれてしまう「内水氾濫」というものがあります。

内水氾濫

Photo:https://www.city.koriyama.lg.jp

内水氾濫では川から離れた場所でも起こることもあり、自治体によっては内水ハザードマップを出しているところもあるので、「川から離れているから大丈夫だろう」と思うのではなく自治体からどんな情報が出されているかは確認しておきたいですね。

内水氾濫ハザードマップ

Photo:https://www.city.yokohama.lg.jp

家づくりで水害に備える方法

それでは次に、家づくりの際に水害対策する方法について見ていきましょう。

家づくりで水害対策をする方法としては、

  • 土地で水害対策をする
  • 家で水害対策をする

という2つの方法が考えられます。

では、具体的にどのような方法が考えられるか見ていきたいと思います。

 

土地で水害対策をする

土地の高さが低いほど浸水する可能性が高くなるので、盛り土をして土地の高さを高くするというのは効果的な水害対策となります。

下の絵のような感じで土地に盛り土をして高い場所に家を建てるという訳ですね。

盛り土

道路よりも高い位置になるほど浸水の被害は受けにくくなるので、ハザードマップの浸水高さよりも土地を高くしておくことで浸水被害を防ぐことができます。

また、盛り土は擁壁を作ることで土留めの役割を果たすようになり、土が流れ出るのを防げるようになります。

 

一方、このような盛り土をする際の注意点としては、盛り土部分は土が柔らかくなってしまうため地盤調査をした際に地盤の弱い土地という判定が出やすくなります。

その結果、地盤改良が必要となる可能性が高くなってしまうんですね。

地盤調査ってどんなことをするの?地盤調査結果を見る時のポイントを建築士が解説します

 

また、盛り土をする場合は周りの敷地にも配慮が必要となります。

周りの家と比べて自分の敷地だけ盛り土をして高くなると周囲の家の採光を遮ってしまうこともありますし、お隣との境界にも土留め用のブロック塀を作る必要があるなど、あまり盛り土を増やしすぎと周りの家にも影響が出てきてしまいます。

そのためお隣が近い住宅地で盛り土をする場合はお隣の土地と比べて不自然で無いかどうかも配慮しておきたいポイントとなります。

その他、盛り土の量が多ければ多いほど擁壁も大掛かりなものになってしまうので、盛り土をする場合は50㎝程度くらいまでに抑えておくことでトラブルも少なくスムーズに家づくりを進めることができます。

 

家で水害対策をする

それでは次に、家で水害に備える方法について見ていきましょう。

家で水害対策を取る場合、まずは家にどこから水が入ってくるのかを知ることで対策を取ることができるようになります。

たとえば木造住宅の場合、基礎はコンクリートで作るので水の高さが基礎部分であれば水の侵入を防ぐことができます。

その一方、基礎と土台の間には基礎パッキンと呼ばれる通気層があり、床下に湿気が溜まらないように家が建てられているケースが多くなります。

そのため基礎を超えるようになると家に水が侵入することになってしまうんですね。

家の浸水場所

厳密には玄関ドアも基礎の高さよりも少し下がった部分に付きますが、基礎の高さを水が超えるかどうかというのが水の被害の目安となってきます。

では、基礎の高さは一般的にはどれくらいかというと、建築基準法では30㎝以上の高さが必要とされていて、実際の家では40㎝くらいに設定されていることが多いです。

逆を言えば30㎝以上なので基礎の高さは構造上問題なければ高く作ってもいいんですね。

そのため、基礎を高く作るというのも洪水対策に効果のある方法となります。

基礎を高くする

基礎を高くすることで床下の点検の時も通りやすくなったり、床下にあまり使わない物を置いておくなど浸水対策以外のメリットもあり、その一方でデメリットが少ないので比較的取り入れやすい方法なんですね。

 

ただ、基礎を高くする分だけコストが増えてしまいます。

単純に基礎を高くするための材料費と手間代がコスト増となってくるんですね。

また、覚えて起きたいポイントとして基礎を高くする場合のコストは工務店や住宅会社によっても結構違ってきます。

その理由は基礎の作り方に要因があり、通常は基礎を作るのに型枠と呼ばれる枠組みを作ってコンクリートを流し込み、基礎を作ることになります。

型枠とはこのような部材ですね。

基礎

そして基礎を高くする場合は高さのある型枠を持っていれば1回で作ることができますが、一般的な住宅で使う型枠しか持っていない場合は2回に分けてコンクリートを打つなど手間が増えてしまいます。

そのため、高い基礎を打つのに慣れている会社かどうかでコストというのは結構変わってくるんですね。

少し基礎の高さを高くしたい場合は、あらかじめどれくらいコストアップするかを聞いてみるのもいいですね。

 

コストアップするという面もありますが、基礎の高さを高くするというのは比較的簡単にできる浸水対策と言えます。

(基礎には給排水の配管を通すための開口もあり、その部分は基本的には水が入ってこないように塞ぎますが、浸水対策をしっかりしておきたい場合は念のためしっかり塞いで欲しいように伝えておくのも一つの方法です)

 

このようにコンクリート部分をうまく使うことで浸水対策を取ることができますが、さらに強化する場合は1階をRCのガレージに、2階以上に部屋を作るという方法も考えられます。

こんな感じですね。

RCのガレージ

外階段を作って2階に玄関を作れば2〜3mくらいの浸水まで対応できるようになり、盛り土や基礎の高さを上げるのに比べるとかなりの高さまで浸水対策を取ることができますし、ガレージ部分自体が重いので家が流されるというケースも減らすことができます。

その一方、たとえば1階をRC、2階以上を木造住宅で作ったとしても普通に家を建てるよりもコストは掛かるようになってきますし、家が縦に伸びるようになるので郊外の広い敷地というよりも都市部に合った家の建て方となるので、ある程度場所を選ぶ建て方と言えそうですね。

 

その他の浸水対策としては、ピロティのある家を建てる方法もあります。

ピロティとは家を柱で支える方法で、イメージとしてはこんな感じですね。

ピロティ

このようなピロティのある住宅は1階を駐車場にして上を住まいにするという家で都市部でよく見られますが、一昔前は鉄骨の柱がむき出しという家というのが一般的でした。

ところが最近では柱の形も洗練されとてもスタイリッシュとなり、ピロティのある家はモダンな印象が強い家が多くなりました。

ピロティのある家

Photo:http://hamada1.jp/works/5_tayuzaki.html

では、実際にピロティは水害に対してどうかと言うと、このようなピロティのある家は1階部分は浸水しにくいという特徴がありますが、洪水の時は車や家など大きな物も流れてくることがあり、それが柱にぶつかった場合のダメージは気になるところです。

そのためピロティのある家は水害対策としてよりも、土地を有効活用したりデザイン性を楽しむような家という位置付けの方が良さそうですね。

まとめ

今回は家の洪水対策について見てきました。

基本としては、まずはハザードマップを見てどれくらいの浸水の可能性がある地域なのか。

まずはこの部分を把握した上で、浸水しても影響を受けない高さまで対策を取るようにしたいですね。

その一方で、ある程度までは家で浸水対策が取れても一定以上を超えると浸水の被害が出てしまうことがあります。

そのため土地探しの段階で大きな災害が起きない場所を選んだり、建て替えのタイミングで他の土地も視野に入れるといった家を建てる場所を意識するというのもとても大切なことになります。

家は家族を守るためもの。

この部分を意識しながら家づくりをしていきたいですね。

では。

 

災害についてはこちらも参考にしてください。

地震が来てもあなたの家は大丈夫?家の耐震性能について知っておきたいこと

災害対策に役立つ!土地を買う前に見ておきたい厳選サイト4選

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-よもやま話

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.