庭が楽しくなる!居心地抜群なウッドデッキのつくり方

デッキ

「ウッドデッキをつくるかどうか迷っているのですが、ウッドデッキはつくった方がいいですか?」

読者さんより、このような質問をもらいました。

 

ウッドデッキいいですね。

庭があって予算が許すのであれば、ぜひウッドデッキをつくるのをおすすめします。

まずは、ウッドデッキがあるとどんなメリットがあるのかから見ていきましょう。

ウッドデッキのメリット

DSC03204

ウッドデッキのデッキの一番のメリットと言えば、庭を有効活用できることが挙げられます。

もっと単純に言うと、ウッドデッキがあると庭に出やすいんですね。

 

普通の家の場合、家の床と庭は60センチくらいの段差があります。

60センチと言えば、およそ階段3段分くらい。

階段が3段といえば結構な高さですよね。

でも、ウッドデッキがあれば、その段差をほとんど無くすことができます。

この効果は意外に大きく、普通だったら60センチの高さを降りて庭に出るのは億劫と感じることがありますが、段差がないとこの心理的な抵抗が無くなります。

そのため庭に出やすくなり、庭を有効活用しやすくなるんですね。

 

ウッドデッキの活用法としては、お子さんの遊び場としてや縁側のように腰掛けて使ったり、さらにはテーブルと椅子を置いてちょっとしたオープンカフェのようにしたりなど、リビングの延長線のような使い方ができます。

ウッドデッキの上に屋根をかけて縁側のような使い方をするのもいいですし、植栽の部分だけくり抜いてみるのも見た目に楽しいですね。

ウッドデッキ

Photo:http://sizesuma.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=18462719&i=201308/29/32/a0191732_13103859.jpg

さらにはウッドデッキに段差をつけてあげたり、ベンチをつくってあげるのもいいですね。

 

このように、ウッドデッキは大きさやアレンジ次第でいろんな使い方ができ、庭をとても面白くしてくれます。

また、庭に草を生やしたく無い時なんかもウッドデッキは効果的ですよ。

ウッドデッキの材料

ウリン

Photo:http://www.dkk-jp.com/ulin.JPG

ウッドデッキの素材は、大きく分けて2種類に分けられます。

本物の木でウッドデッキをつくる場合と、樹脂製の人工木でウッドデッキをつくる場合の2種類です。

 

ウッドデッキを木でつくる場合、樹種も多くあるのでイロイロ選べる上、加工もしやすく価格もそんなに高くつきません。

ウエスタンレッドシダーあたりを使ってるウッドデッキが多いですね。

特にウッドデッキをいろいろアレンジしたい場合なんかは木のウッドデッキは最適です。

 

木製ウッドデッキのデメリットを挙げるとすれば、木は劣化していくため定期的なメンテナンスが必要になりますし、材種によって10年〜20年くらいで取り替えとなってきます。

また、木によって耐久性もかなり違いがあり、安い木を使うとすぐにダメになってしまうなんて事もあります。

 

もしメンテナンスや耐久性の高いウッドデッキにするのなら、ウリンやイペなどの堅くて耐久性の高い木を使うと効果的です。

ウリンは別名「アイアンウッド」と呼ばれるほど耐久性と強度に優れた木ですし、イペは横浜港大さん橋ターミナルのデッキや東京湾アクアラインの海ほたるなど、海の側で雨や風が強いという木材にとっては厳しい環境でも耐えられる木材です。

横浜大桟橋

イペやウリンは価格はウッドデッキでよく使われるウエスタンレッドシダーよりも高くなりますし、固い木なので加工にも手間がかかってしまいますが、木でウッドデッキをつくる場合、長い目でみるとメンテナンスも少なくささくれもできにくいので、できるだけ強度の高い木でつくる方がコストパフォーマンスの面でも優れていると言えます。

 

一方、樹脂製の人工木でウッドデッキをつくった場合、メンテナンスはほとんど必要なく耐久性もかなり高いのがメリットになります。

ただ、いくら木に似ていても見た目の質感は本物の木よりも落ちてしまうのと、夏なんかは熱くて素足では歩けなくなってしまいます。

また価格も高めなので、人工木にするならウリンやイペを使うことを検討するのもいいですね。

 

あと、例外としてメンテナンスを気にするならウッドデッキでなくタイルデッキにするという方法もあります。

タイルなので掃除は必要ですが塗装などのメンテナンスは必要なくなるので、メンテンンスが気になるというかたはタイルデッキにするのもいいですね。

ウッドデッキを自分でつくる

広いウッドデッキ

Photo:http://www.soyano.com/item/160.html

ウッドデッキは通常なら工務店や外構屋に依頼してつくりますが、自分でウッドデッキをつくるという方法もあります。

ウッドデッキを自分でつくるメリットは、お金をあまり掛けずにウッドデッキをつくることができることです。

 

特に広めのウッドデッキをいい材料でつくると、結構な金額になってきます。場合によっては100万円くらいすることも。

でも、自分でつくれば材料代のみでつくることができるので、かなり安くウッドデッキをつくることができ、DIYが得意な人や器用な人ならウッドデッキを自分でつくるのも可能です。

家族からの無言のプレッシャーはありますが、何より自分でつくったウッドデッキは愛着が湧いてくるのがいいですね。

 

やる気のある人はウッドデッキにチャレンジしてもらいたいですが、自分でつくるときに一番注意したいのは「基礎をどうするか」ということです。

ウッドデッキの下は束石を置いたりコンクリートにするのが一般的で、この基礎の出来次第でウッドデッキを水平にできるか傾いたウッドデッキになるかが決まってきます。

そのため自分でウッドデッキをつくる場合、外構工事の時にウッドデッキの基礎だけつくってもらうというの方法もあります。

今ではネットでデッキ材も売っていますので、必要な分だけ木材を購入すればOK。

あとは時間をどう確保するかとやる気の勝負ですね。

ウッドデッキをつくるなら

人工木のウッドデッキ

Photo:https://tagle.jp/house/tyt00000400024

せっかくウッドデッキをつくっても、あまり使われないウッドデッキになってしまうと残念ですよね。

では、どうすればよく使われるウッドデッキになるかと言うと、まわりから程よく視線が遮られるようなウッドデッキにしてあげることです。

 

たとえば、せっかく広々としたウッドデッキをつくったけども、すぐ側の道路を歩いている人から丸見えだと何だか落ち着かないですよね。

家のウッドデッキでオープンカフェ風にお茶などしているときに、通りがかりの近所の人からジロジロ見られると何か気まずくなりませんか?

ウッドデッキはリビングの延長として使えると先ほど言いましたが、外部だけどもそれだけプライベートなスペースでもあるんです。リビングが丸見えだと落ち着かないのと同じですね。

 

そのためウッドデッキをつくったなら、ウッドデッキが丸見えにならないよう目隠しをつくったり植栽を植えたりして視線をカットしてあげるのがとても大事です。

ウッドデッキの居心地がよくなるのはもちろん、ウッドデッキからの眺めも良くなるので一石二鳥です。

まとめ

今回はウッドデッキについて見てきました。

ウッドデッキがあると庭をより有効活用することができるようになります。

狭い庭でもデッキがあると庭の用途がひろがりますし、広い庭なら広々としたウッドデッキがあると気持ち良いですね。

家庭菜園など他の用途と組み合わせると、より楽しい庭になりますよ。

 

あなたもぜひ楽しい庭を作ってくださいね。

では。

 

庭についてはこちらを参考にしてください。

外構のデザインで家の外観は驚くほど変わる

縁側のある家をつくる時に大切なこと

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

ウッドデッキがある家ってどうなの?

  • ウッドデッキがあると、庭を有効活用することができる。
  • ウッドデッキをつくるなら、外部の目線をカットしてあげると落ち着いて居心地がよくなる。
  • ウッドデッキの素材は、イニシャルコストが高くても耐久性のある木材をつかうのがおすすめ。
  • 自分でウッドデッキをつくるという方法もあり。