建築士が教える家づくりの本音の話 これから家づくりを始める方はコチラ 住宅会社選びで迷っている方はコチラ

あなたは良い家が建てられる人?建てられない人?家づくりでとても大切なたった1つの事

2020年6月25日

「地域の工務店で家を建てる予定です。建築予定地もその工務店と近いので、できるだけ良い関係を築きながら家を建てたいと思っています。工務店と良い関係を築く方法などがあれば記事にしていただけるとありがたいです」

読者の方からこのようなリクエストをもらいました。

良い関係を築いて家を建てるという考え方はとても素敵ですね。

また、考え方という点だけではなく、実は良い家を建てるには工務店やビルダーと良い関係を築くというのが1番の近道となります。

では、どうして工務店と良い関係を築くのが大切なのでしょうか?また、実際にどうすれば工務店やビルダーと良い関係を築くことができるのでしょうか?

今回は工務店や住宅会社との関係を見ながら、良い家が建てられる人、良い家が建てられない人の違いについて見ていきたいと思います。

良い家を建てられない人

それではまず、良い家を建てられない可能性が高い人について見てみましょう。

良い家を建てられない人というのは、「性悪説」で家づくりに臨む人です。

「性悪説」なので自分でチェックしないと心配で、まずは常に疑って見てしまい、細かい部分まで神経質になってしまうというケースは家づくりではあまり良くないんですね。

家づくりは時間が掛かるものなのであまり神経質だと疲労も大きくなりますし、設計者も人なので疑った目で見られる人とはあまり打ち合わせをしたいと思わないものです。

その結果、必要な物だけ決めて家づくりが進んでいき、プラスαの提案であったり現場へ足を運ぶ回数というのも自然に減ってしまう傾向があるんですね。

 

また、バリバリの営業会社でどんな人の家でも建てるという住宅会社は別ですが、ある程度実力のある工務店や住宅会社はお施主さんを選ぶことがあります。

その理由としては、あまりに神経質であったり基本的に疑った目で見る人の家を建てる場合は大きなクレームになる可能性も高くなり、そうなれば多くの時間や労力が取られてしまい、他の信用して家を建ててくれているお施主さんに本当であれば使いたい時間も取られてしまうからです。

そうなると会社に関わる人全てに悪い影響を及ぼすことになってしまうため、そうならないよう合わないと感じた人は工務店や住宅会社の方からお断りをするんですね。

その結果、どんな人の家でも建てるという棟数重視のバリバリの営業会社で設計力や施工力には疑問符が付く会社や本当に建てたい家と違う会社しか選ぶ選択肢がなくなってしまうというケースもあります。

(これは実際によくある話で、住宅の建築士である私自身も昔は契約棟数のことしか考えない営業マンに振り回されたことがありますし、今は自社に合わないと思ったら他のお施主さんを守るため丁重にお断りするようにしています)

こんな住宅営業マンは避けたい!家を建てるのをやめた方がいい住宅営業マンの特徴

 

その他、知り合いや身内に建築関係がいる方でも、それは工務店や住宅会社で大々的に話さない方がベストです。

その理由としては工務店や住宅会社にとってありがたい話では無いからですが、第三者にチェックされるから仕事がしにくいとかいう意味では無く、家づくりの方向性がブレやすくなるのが大きな理由です。

たとえば建築業界は裾野の広い業界で、マンションやビルがメインで仕事をしている人もいれば、設備関係の仕事をしている人もいます。

そして家を建てる場合は住宅の専門家集団が家を建てることになります。

建築業界では色んな専門の人がいて、たとえば一級建築士と言ってもビルが専門であれば住宅のことはよく分からない、またその反対も普通によくあるんですね。

そのため、住宅の専門でない人が家づくりに入ってくると話がややこしくなってしまうなど弊害が起きるケースがよくありますし、住宅の知識がある人でも知識がアップデートされていない場合はひと昔前のスタンダードを採用するようにアドバイスされたりなど、家に対してマイナスな効果を発揮してしまうこともあります。

 

知り合いや身内に建築関係の人がいる場合は、まずはその人が住宅の専門家なのか。

また、住宅の専門家でも工務店や住宅会社に知り合いがいることを言う必要はありませんし、間取りなどで気になることがあった場合は軽くアドバイスをもらうくらいのスタンスが丁度良い距離感と言えます。

(私自身は家の専門家ですが、友人などに家の事を聞かれれば見るポイントや選ぶポイントは伝えますが、依頼先の会社が決まればどうしても間取りを見て欲しい場合など、とても気になっていることがない限り「その会社を信用して家を建てるのが一番」くらいしか言わないようにしています)

良い家を建てられる人

それでは次に、良い家を建てる方法について見てみましょう。

良い家を建てる方法は冒頭でもお伝えした通り、工務店や住宅会社と良い関係を築くということです。

では、どうすれば工務店や住宅会社と良い関係を築けるのでしょうか?

それは、「この会社で家を建てる」と決めたら信頼して任せるということです。

 

どうして信頼して任せるのが良いかと言うと、それは、信頼された方が設計者のモチベーションがグッと上がるからです。

設計者とは職人気質を持っていることも多く、信頼して任されることで

「よし、この人のために良い家を造るぞ」

と頑張る人が多いんですね。

 

私自身(建築士)も、全て任せてもらった方がコストなどで厳しい時でも何とかできないかより方法を考えますし、この人のためならと採算度外視の部材を使ってしまうこともあります。

また、設計士が工事現場に足を運ぶ回数も必然的に増え、細部のデザインなどもより洗練されていくようになります。

任せることで設計士のやる気は変わってきますし、任せることで設計士が積極的に家づくりに関わるようになるんですね。

(ここでやる気を見せない設計士や、それでも受け身の設計士であれば本気で家づくりをした事がなく、実力も知れています)

危険な間取りの3つの特徴。あなたの設計担当者はこんな人ではないですか?

 

その結果、設計士とお施主さんの共通の目標である「良い家を建てる」という目標により近づいていくんですね。

また、設計士にとって家づくりは仕事ではありますが、自分が真剣に考えた家でお施主さんが喜んでくれるというのは全ての苦労が忘れられる瞬間でもあり、設計のをする醍醐味でもあります。

任せることでお互い「win-win」の関係になるんですね。

 

このように、家づくりを信頼して任せるというのは良い家を建てるための1番の近道となります。

家の依頼先を決めるまではいくつかの会社を比較することで家を見る目を養うことができますし、相場観やあなたに合う家はどんな家かが分かるようになるため比較することも大いに役立ちますが、その中で「ここで家を建てる」という工務店や住宅会社を決めたら信頼して任せる。

これが良い家を建てるために大切なことなんですね。

言いたいことは言える関係にする

ここまで家づくりでは工務店や住宅会社に任せるというのが大切というお話をしてきましたが、もちろん「信頼して任せる」というのとちょっと言い方が悪いですが「甘やかす」というのは全く別物になる点は意識しておきたいポイントです。

信頼して全部を任せるとしても、仕事内容に毎回不備があったり続くようであればしっかり指摘することも大切なことなんですね。

たとえば頻繁に前回の打ち合わせ内容が図面に反映されていなかったり、チェック不足でのミスが目立つ場合といったケースをたまに見かけます。

特に家づくりは時間が掛かる物なので最初は「ちょっとしたミスくらいなら」と思っていても、それが何度も続くと大きなストレスになっていきますし、本当に良い家が建つのかどうか不安になってしまうこともあります。

そしてそんな場合、会社として具体的な改善方法を出してもらうよう伝えるというのも大切なことです。

チェックミスなどは本当につまらない事ですし、担当者とどれだけ仲が良くてもあなたと家を建てる契約をしているのは工務店や住宅会社です。

そのため個人ではなく会社として改善方法を出してもらうことでミスに対する意識が変わり、つまらないチェックミスは相当減らすことができるんですね。

 

信頼していても必要なことがあればしっかり言える関係。

これも良い家を建てるために重要なポイントとなるんですね。

まとめ

今回は工務店や住宅会社との関係を見ながら良い家が建てられる人と建てられない人について詳しく見てきました。

あなたに合った住宅会社を決めるまでは色々と迷うこともありますが、ここと決めたら信用して任せる。

また、信用して任せられると思える会社に家づくりを依頼する。

これが良い家づくりをするための秘訣なんですね。

ぜひ、信用して任せられる工務店や住宅会社と家を建ててくださいね。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-建築士が教える家づくりの本音の話, これから家づくりを始める方はコチラ, 住宅会社選びで迷っている方はコチラ
-

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.