大手の会社だから間取りは安心?良い間取りをつくる会社の法則をお話します

chioggia-571381_640

私は家づくりの失敗が少しでも減るように間取り診断サービスというのをご提供させてもらっているのですが、この間取り診断を始めてから、間取りについて色んなことが分かってきました。

会社の規模が大きいから良い間取りとなるんでしょうか?

良い間取りをつくる会社にはどんな特徴があるんでしょうか?

今回は、このようにたくさんの間取りを見てきたことで分かることについてお伝えしたいと思います。

それではどうぞご覧下さい。

大手の会社の間取りは安心?

magic book with a landscape

日常生活をしていると、「大手の会社だから安心」という声をよく耳にします。

会社の規模やブランドが安心感を生んでいるんですね。

では、家づくり、特に間取りに関してはどうなんでしょうか?

 

答えを言うと、私が見てきた限り、会社の規模と間取りの善し悪しは全く関係がありません。

大手の会社だから良い間取りという訳ではないんですね。

逆にこの間取りは無いなと思う間取りも多く見てきました。

(もちろん大手の会社だけではないですが・・)

 

反対に小さな会社で良い間取りを見かけることも、もちろんあります。

本当に千差万別の世界なんですね。

 

特に、良い間取りをつくっている会社は、他のお客さんに対しても良い間取りを出していることが予想されますし、微妙な会社は常に微妙な間取りを出し続けている事は想像に難しくありません。

この間取りの善し悪しは、会社の規模うんぬんでは無く、会社の間取りに対する姿勢や個人の能力に大きく依存しているんですね。

 

では、なぜこのような事が起こるのでしょうか?

良い間取りをつくるために必要なこと

平屋

良い間取りをつくるためには、特に会社の間取りに対する姿勢というのが大きなポイントで、会社が間取りに力を入れようとしない限り会社の設計力が上がる事はありません。

なぜなら、レベルアップすることが無いからです。

 

極端な話ですが、会社によっては1時間くらいでちゃちゃっと作った間取りが出てくることもあれば、ヒアリング内容をしっかり吟味した上で、生活する人のことを時間を掛けてよく考えた間取りが出てくるケースもあります。

家の間取りをつくるというのは色んな要素や能力が必要ですが、ゼロから形のあるものを生み出すのでクリエイティブな仕事と言えます。

そのため、ゴールがあるようで実はゴールはありませんし、絶対的な間取りに対する能力を高めない限り良い間取りをつくれるようにはなりません。

 

間取りを重視する会社であれば常に間取りについてのレベルアップや進歩がありますが、間取りを意識しない会社であれば、その会社の間取りのレベルは止まったままという事になってしまいます。

そうなってくると、会社の大きさなんて間取りには関係ないことが分かりますね。

要は、会社として間取りのレベルアップに取り組んでいる会社。

また個人として間取りをつくる能力を高めようとしている人がいる会社であることが、良い間取りをつくるためには必須になってきます。

間取りを見れば、会社の姿勢が分かる

家とお金

ここで難しい問題が1つ。

住宅会社がいくらよく考えた間取りを出したいと思っても、時間は無限にある訳では無いということです。

設計士の仕事をとってみても1つの間取りばかり考えているだけにはいかず、いくつもの間取り作成が重なることもあったり、間取り以外にやらないといけない仕事もたくさんあります。(どんな仕事もそうですね)

 

いくつもの間取りづくりが重なると、経験豊富な建築士でもいろんなヒアリング内容が入り乱れることもありますし、ましてや経験の少ない建築士であれば大変です。

そんな時、会社としてフォローできる体制ができているのか。また個人としてそれを乗り切る体力と精神力を併せ持つことが必須となってきます。

良い間取りをつくるのって、結構大変なんですね(苦笑)

 

私も駆け出しの頃は間取りが上手いことまとまらない焦りと、良い間取りを期待されているというプレッシャーで徹夜なんていうのはザラの生活を送っていました。例え布団の中に入っても間取りの案が浮かんでいないと不安で眠れないなんてこともよくありました。例え眠れたとしても間取りでうなされてしまうなんてことも・・。

逆にこのような経験を経て自信と実力がついたので、今は間取りで眠れないなんてことは全くなくなりましたが(笑)

ただ、間取りのことや間取り診断を依頼された間取りのことは常に頭の片隅にあります。

 

要はどれだけ真剣に考えたのか。

その結果が間取りと言うものに反映されているんですね。

これが長い間家の設計をしてたどりついた答えです。

そして、その考える時間を少しワープさせてくれるのが経験や実績というものなんですね。

 

そのため、図面を見ていると時間をかけた間取りなのかどうか一発で分かります(笑)

このあたりの観点で見てみると、信頼できそうな住宅会社なのか、それとも業務的に家を建てている会社なのかどうか結構判断できるので、間取りがある人は家のことが分かる人に聞いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は間取りについて思う事を書かせていただきました。

たかが家の間取りかもしれませんが、その間取りからはいろんな事が見えてきます。

設計者の能力ももちろんですが、会社の姿勢や考え方も間取りに映し出されるんですね。

 

ぜひ納得いく間取りで家を建ててくださいね。

では。

 

間取り診断サービスが気になる人は、こちらをご覧ください。

間取り診断サービス

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】