家の設計で一番大事な事

夕日

こんにちは、O型建築士です。

突然ですが、

「家を設計するのに一番大事な事って何なのか?」

これは、先日、建築士仲間が集まった時に出た質問です。

家を建てる皆さんが「自分たちに合った最高の家にして欲しい」と思うように、私たち建築士も「お客さんの家を最高の家にしたい」と思っているんですね。

 

では、そんな設計をするにはどうすればいいんでしょうか?

家を建てる人も、私たち建築士も何が一番大事か知っておく必要があると思い、「家の設計で一番大事な事」をテーマに今回はお話させてもらいます。

それでは、どうぞご覧ください。

ある別荘の話

別荘

まず最初に、ある別荘の話をしたいと思います。

 

以前、ある会社の社長が軽井沢に別荘を建てました。

別荘をつくる場合、普通ならどんな別荘にしたくて部屋がいくつあってという打合せを重ねていきます。

でも、その社長の打合せは全く違いました。

 

別荘の打合せは毎回雑談のような話をするだけで、別荘に何が欲しいという話は一切出てきませんでした。

そして、そのような打合せを何度も重ねてた上で、全てを建築士に一任しました。

また、社長は別荘の仕様を決める事も無く、工事現場に行く事も有りませんでした。

 

その結果どんな別荘ができたのでしょうか?

 

結果は、普通に打合せしていては出来ないような、すばらしい別荘を完成することができたのです。

 

なぜ素晴らしい別荘ができたのか

この方の別荘づくりでは、設計の打合せは別荘のコンセプトをつくることに集中して、あとはプロである建築士に全て任せています。

全て任されるという事は「無制限に自由に何でもしていい」という事ではなく、「相手の価値観を理解した上での責任を伴う自由」を与えられたという事になるんですね。

そのため建築士は全て任されることで、より相手の価値観を深く理解しようとします。

価値観を理解することでしか、その社長が本当に求めている理想の別荘をつくれないからなんですね。

家の設計で一番大事なのは何?

家づくり

家の設計でも、先ほどの別荘の話と同じ事が言えます。

家の設計で一番大事なのは、建築士と家を建てたいと思う皆さんが同じ価値観を共有する事です。

 

冒頭で建築士仲間と集まって話をしたと言いましたが、集まった建築士も全員が価値観の共有が一番大事と考えていました。

 

ちなみに、価値観の共有と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、まったく難しく考える必要はありません。

ちゃんとした建築士であれば、何を重視していてどんな価値観を持っているのかということを家の要望を聞いていく中で理解してくれます。

それは雑談の中でもそうですし、家の話でも同じです。

 

私の場合は、何度も出てくる言葉を特に重視しています。

それだけ潜在意識の中で気になっている事だからなんですね。

家の要望を聞いているときは話しやすい雰囲気をつくるために顔には出しませんが、頭も手もフル回転で唸りを上げています。聞いてイメージしてメモしてと一時も休む暇がないので、家の要望を聞き終わった後は疲れきった状態になりますが、反対に頭は冴えまくります。

それだけ、価値観を共有できる場所というのは家づくりでとても大事なんですね。

 

どんな生活がしたいかを建築士に話す。

そうすれば、その生活のイメージに合った家を、建築士が間取りという方法で形にしてくれます。

これが家の設計の中で一番大事な事で、自分にあった最高の家をつくるために必ず必要な事なんですね。

 

あなたはどんな生活をイメージしていますか?

もし、まだどんな生活がしたいかイメージが浮かばない人はこちらをご覧になってくださいね。

→家が欲しいと思った時、最初にする事

→どんな家に住みたいかが分かる方法

 

では。

 

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

  • 家の設計で一番大事なのは、皆さんと建築士が同じ価値観を共有する事。
  • 価値観を共有するには、家でどんな生活がしたいかを話せばいい。