家づくりを失敗しないために知っておきたい3つの事。

exhausted businessman sleeping over his laptop

こんにちは、O型建築士です。

ここ最近、「家づくりを失敗しない方法はありますか?」とホンマによく聞かれます。それこそ1週間に何回も聞かれているような気が・・。それだけ、皆さん家づくりを失敗しないようにしようと頑張っているんですね。

そこで今回は、家づくりを失敗しないための3つの秘訣をお伝えします。この3つを頭に入れて家づくりをすれば、家づくりを失敗する可能性は激減します。それでは1つずつ見ていきましょう。

家づくりに必要な基本的な知識を持つ

知識

まず、家づくりを失敗しないためには、家づくりをするのに最低限必要な知識を身につけておく必要があります。例えば、あなたがお鍋をつくる場合、まず何の具材を鍋に入れていきますか?きっと白菜の芯など火の通りにくい野菜から鍋に投入していくのではないでしょうか。その理由は、固い野菜は火が通りにくく、すぐに固くなってしまう牛肉を先に入れるよりもおいしい鍋ができるのを知っているからです。

家づくりも同じですね。何も知らない状態ではおいしい鍋良い家をつくることはできません。もちろん、専門家レベルの知識は必要ないので、最低限必要な知識は覚えておくと、家づくりをしていく中できっと役に立ちます。覚えておいて欲しい内容はこのブログに書いていきますね。

良い住宅会社を見つける事

よい住宅

家づくりを失敗しない2つ目の秘訣は、良い住宅会社を見つける事です。良い住宅会社とはあなたの事を理解してくれる住宅会社の事。住宅会社の仕事は、あなたの出した要望の家をただ建てる事ではなく、あなたの出した要望を元に、本当に必要な物と本当は必要ではない物を会話の中で整理をしていきます。そして、家が完成したてから建てて良かったという家をつくることです。

良い住宅会社とは、家を建てる人のことをよーく考えていて、住んでからの満足度が高い家をつくる会社という事ですね。

このように、家をつくる事を真剣に考えてくれる住宅会社を見つけることが、家づくりを失敗しないためには重要なことです。

信頼できる相談相手を持つ

信頼できる相談相手

家を建てるのに信頼できる相談相手がいないことは、とてもつらい事です。本来は住宅会社が信頼できる相談相手となりますが、住宅会社を決める前はどの会社も基本的には良いことしか言わないのでとても迷ってしまいますし、1つの会社に決めるのはすごくエネルギーのいることです。

そんな時に、中立的な立場で家のことを相談できる人がいるというのはとても貴重な事です。友人や親戚に相談できる人がいるなら、ぜひ相談してください。

ちなみに私の弟が家を建てたのですが、悲しいことに私に相談したのは着工直前。微妙な家が出来ました。

建築士の家族が家を建てた結果

そんな人がまわりにいないという方は、私に一度ご相談ください。家の失敗を無くして良い家をつくりましょう。(相談料をもらって稼ごうとは思ってませんので、簡単な相談は無料で可能な限り早くお答えします。難しい相談で実費が発生してしまいそうな場合は、簡単なアドバイスと相談事を解決するには実費分だけ必要になりそうな旨をご連絡します。)

ご相談はこちら

まとめ

O型建築士

家づくりを失敗しないためには、「家づくりに必要な基本的な知識を持つ」、「信頼できるよい住宅会社をみつける」「信頼できる相談相手をもつ」の3つが重要です。基本的な家づくりの知識を持った上で、住宅会社を選んで家づくりを行い、気になることがあれば相談できるパートナーがいれば家づくりを失敗する可能性は劇的に下がります。ぜひ一度お試しください。

では。

 

こちらも家づくりの参考にしてください。

理想の家って何?私がブログを書き始めた理由

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

家づくりを失敗しない方法とは?

  • 家づくりに必要な基本的な知識を持つ
  • 家づくりのパートナーとなる良い住宅会社をみつける
  • 信頼できる相談相手をもつ