外観が気になる方はコチラ

新築にするならやっぱりダサい外観は避けたい!外観でチェックしたい3つのポイント

「新築の家の外観がイマイチしっくり来ない」

家づくりの色んな相談がある中でも、外観が気になるというのはよくもらう相談の1つです。

外観にすごくこだわりたいというよりも、派手すぎず飽きがこない、でも見た目もキレイで街に馴染む外観にしたい。

でも実際に出てきた外観は、何かイマイチしっくり来ないなぁ。

という方が多いんですね。

そこで今回は、新築の外観について、これをやってしまうと上手く外観がまとまらない、ダサく見えてしまうという例を挙げながら、外観がキレイに方法について詳しく見ていきたいと思います。

家の外観が気になる方はぜひご覧ください。

窓のバランス

「外観がシックリこない、ダサい感じがする」という場合、そのほとんどで当てはまるのが窓の使い方を失敗しているということ。

家の外観は、形、窓、素材の3つの要素で決まってくるように、窓というのは外観を決める大きな要素なんですね。

たとえば、下のような外観の家はどうでしょうか?

ダサい外観

お世辞にもカッコいい外観の家とは言えないですね。

これは窓の使い方が失敗している例で、ダサい外観の家と言ってもおかしくありません。

では、どうして先ほどの家はダサく見えてしまうのでしょうか?

その大きな要因としては、引き違い窓を安易に多用してしまっている点です。

引き違い窓とはこの窓ですね。

ちなみにこの家、何だか人の顔のようにも見えませんか?

そうなんです。

窓が目、口のように見えてしまい、その結果、よりカッコ悪く見えてしまっているんですね。

引き違い窓というのは価格も比較的安く、ガラスの面積も広く取れるので家によく使われる窓ですが、道路側など良く見える位置にはできるだけ使わないように、また使う場合も外観のバランスが悪くなっていないか注意が必要な窓となってきます。

 

たとえば、先ほどの家の窓の種類と位置を簡単に変えてみるとこのような感じに。

外観と窓

窓をちょっと変えただけでも先ほどの家と印象は大きく違うのが分かりますね。

 

そのほか、窓で意識しておきたいのは窓の位置はできるだけキレイに揃えるということ。

オシャレな外観

Photo:https://www.nagasakizaimokuten.co.jp/

上下の開口部の位置が揃うだけスッキリとキレイな外観になってくれるんですね。

これは窓だけでなく、玄関ドアなどでも同じなので、バラバラに窓が付いている場合は窓を整えてみると家の外観はキレイに見えるようになります。

もちろん、不規則に窓を付けてもお洒落な外観にすることは可能ですが難易度はグッと上がってくるので、基本は窓の位置を整えつつ、一部アクセントとして窓を遊ぶくらいがバランスのよい窓の使い方と言えます。

壁のバランス

家の外観を整える場合、壁のバランスというのも押さえておきたいポイントの1つです。

壁のバランスとはどのような事かというと、無駄に外壁面を増やさず、家全体の重心を低く抑えることでバランスを整えるという意味合いになります。

たとえば次の家を見比べてみるとどうでしょうか?

ダサい外観2

壁の大きさ以外まったく同じ家ですが、右側の家の方がかなり重たく見えますね。

このようなケースは小屋裏を広くしてロフトを作るケースでよく見かけますが、外観のバランスという点で見ると重たく見える要因となってしまいます。

(私も建築士の駆け出しの頃に少し特殊なスキップフロアのロフトを希望される方がいて、敷地条件上、どうしても道路側の屋根が高くなってしまい、外観でとても苦労した覚えがあります)

このように壁を増やすのはできる限り避けるのが一番ですが、ロフトの関係などでどうしても壁が増えてしまう場合は窓を追加するなど壁に見える部分を減らして少しでも軽く見せたいですね。

ダサい外観3

また、壁のバランスでいうと同じ家であれば階高を押さえて重心を低くする方がキレイに見えます。

たとえば下の絵は左側に行くほど高さを抑えた家となりますが、高さを抑えた方が落ち着いた雰囲気が出ることが分かります。

外観は重心を抑える

リビングの天井が高いのをウリにしている家もありますが、それと引き換えに重心が高くなり外観のバランスが犠牲になってしまうこともあるので、外観のバランスが悪い場合は高さを一度抑えてみるというのも効果的な方法ですよ。

全体のバランス

家の窓、壁の次は、家全体の形に無理がないかどうかも、外観で失敗しないためには確認しておきたいポイントとなります。

たとえば下の絵をご覧ください。ダサい外観4

これは間取りを優先して下屋やバルコニーなど次々と足していった家でよく見かける外観ですが、何だかゴチャゴチャして統一感のないデザインとなっていますね。

実は家の外観というのはどれだけ自然に見せることができるか。

この部分を意識するかどうかで家の見た目は大きく変わってきます。

 

人の見た目でも、装飾品をゴチャゴチャ付けるだけでは品がなく見えてしまう一方、たとえ安い服でも自然と着こなしていると清潔感があるように見えますし、少しアクセントを入れることでよりオシャレに見えるようになります。

家も同じなんですね。

色々な物をプラスして行けば行くほど不自然と見えやすく、反対に家はシンプルにしてアクセントで見せ場を作る。

これがキレイな外観の家を作る時の大切なポイントなんですね。

シンプルな外観

Photo:https://www.riotadesign.com/works/12_donut/#wttl

家の外観がイマイチしっくり来ないな、何かダサいように感じてしまうな。

そのように思った時は家が無駄にデコボコしていないか、また屋根や庇などが不自然に付いていないか。

この部分をチェックして見るのも効果的ですよ。

 

敷地条件などもあるので一概には言えない部分もありますが、家のベースの形は四角いシンプルな形にして、必要に応じて足し算でどこかを出したり、時には引き算してポーチやバルコニーなどを作るというのもいいですね。

キレイな外観

Photo:https://sfc.jp/ie/style/detail/3205

また、家の外観は家本体だけでなく庭が有ることで初めて完成します。

植栽や外構の作り方でも外観はかなり変わってくるんですね。

(私の感覚では、家の外観は家本体が7割、外構が3割くらいで、庭はかなり大きなウェートを占めます)

 

間取りの関係上、外観にどうしても手を加えられない時もあります。

そんな時は緑を植えて外観に彩(いろどり)をプラスしたり、玄関へのアプローチにちょっと手を加える、フェンスをオシャレに作るなど、外構に力を入れて見るというのもいいですね。

外構のデザインで家の外観は驚くほど変わります

まとめ

今回は家の外観について詳しく見てきました。

特に外観は後で手を加えたり変更するのが難しいものなので、失敗しやすいポイントを頭の中に入れた上で、どうしてシックリ来ないのか始めの段階で原因を探って見るというのが一番の近道なんですね。

理由が分かることで設計担当者にどの部分が気になるか伝えることができますし、改善方法についても具体的な話ができるようになります。

 

また、基本的に新築の外観というのは間取りと同時に考えるものですが、間取り優先で外観は後回しというスタンスで家づくりをする住宅会社もあります。

間取りが決まった後になると手を加えられる場所はかなり限られてしまうので、間取りの早い段階で外観も確認する。

このことも忘れないようにしてくださいね。

 

整った家の外観は、街並みにも彩を与えてくれます。

新築の家を建てるなら、そんな外観の家を目指したいですね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-外観が気になる方はコチラ
-

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.