リビングのソファを買う前に知っておきたいこと

リビングの家具の主役といえば、やっぱり「ソファ」。

家づくりや引越しを機に、新しいお気に入りのソファを買おうと思っている方も多くいらっしゃると思います。

 

そんなリビングで無くてはならないソファですが、選び方を間違えてしまうと反対にリビングが狭く見えてしまったり、あまり使わないソファになってしまうケースもあります。

そこで今回は、リビングに置くソファについて、どういう視点で選ぶと部屋に馴染んで使えるソファになるかを見ていきたいと思います。

ソファを買う前に一度は読んでみてくださいね。

ソファは意外と大きい

あなたはソファのサイズはどれくらいあるかご存知でしょうか?

家具メーカーから色んな形のソファが出ていますが、ソファのサイズの目安としては、

  • 2人掛け  :幅1,500㎜〜 奥行800㎜
  • 2.5人掛け:幅1,800㎜〜 奥行850㎜
  • 3人掛け  :幅2,200㎜〜 奥行900㎜

このくらいのサイズが目安となってきます。

1人が座るのに幅が約700㎜ほど必要になってくるんですね。

 

では、そんなソファを一度図面の中に入れて見ましょう。

ソファのサイズを色分けして図面の中に入れていますが、ソファはこのくらいのサイズ感になるんですね。

 

ここで注意点が1つ。

図面の中では3人掛けのソファを入れてもゆとりがあるように見えますが、ソファは置くだけではなく人が座ってくつろぐことで始めて役割を果たすものです。

そのため、足元にスペースが必要となりますし、ソファ後ろも背もたれを使うことを考えるとスペースを開けておきたいですし、ソファの横に飲み物や本などを置けるサイドテーブルを置く場合はソファの横にもスペースが必要になります。

そのため、ソファ以外のスペースもしっかり確保して置く必要があるんですね。

目安としてはソファの周りに最低300㎜、正面には500㎜くらいのスペースは欲しいものです。

家具屋さんなどで家具を見るとついついデザインや質感に目が行ってしまい、ソファ本体のサイズが部屋に入るかどうかだけしか確認しないことが多いですが、実際にはソファの周りのスペースも含めて部屋に馴染むか見る必要があるんですね。

実際にソファの大きさがリビングの広さに合っているか確認する場合、家の間取りの中にソファを入れてみるのも効果的です。

ソファはどれだけ使う?

リビングにソファを入れる場合、ソファは長く使うものだし家族みんなが座れるサイズのものを入れたいと考える方は多くいらっしゃいます。

では、実際にソファはどれほど使うものなのでしょうか?

 

例えば3人掛けのソファを買った場合を見てみましょう。

ソファを購入した当初は夫婦2人で座ることも多いですし、子供が小さい頃は家族みんなで仲良くソファに腰掛けることもよくあります。

一方、ある程度時間が経ってくると、例えば夫婦2人でも同じソファに座るよりも個人がくつろいで座れる場所がある方が重宝するケースが増えてきますし、子供も大きくなると同じソファに一緒に座るということはほとんど無くなってきます。

同じ家族であっても、年齢に合わせて距離感はちがってくるんですね。

 

また、ソファの上でゴロゴロするケースもあります。

もちろんソファの上で寝てもOKですが、その場合は大きなソファを1人で使うことになり、他の人は床など別の場所に座ることになります。

 

そうなんです。

大きなソファが有っても、家の中で役に立つ期間というのは意外と少ないことが多いんですね。

リビングという家の中心スペースにあまり使わず存在感のある家具を置くことほどもったいないことはありません。

そのため、ソファを買う前にソファは実際どれだけ使うのか。

また、どのような使い方をするのがあなたの生活に合うのかを一度考えて見ることが大切なんですね。

 

たとえば、それほど広くないリビングであれば大きなソファを置いてしまうよりも、個人で使える1人掛けのソファをそれぞれ買った方が良いこともあります。

小さいソファなら位置を自由に動かせるのでリビングに可変性を持たせることができますし、部屋に圧迫感も出ないなど、小さいソファならではのメリットを活かす方法も考えられます。

 

また、小さなお子さんがいる場合はどうしてもソファも汚れてしまうもの。

そのため、最初は汚れることを前提にしつつ家族みんなで座れるそこまで高価ではないソファを、そしてある程度子供が大きくなった時に生活スタイルに合ったサイズのソファに買い換えるなど、ライフスタイルに合わせたソファの選択をするという方法もあります。

 

一方、広いリビングであれば何人も同時に座りやすいゆったりしたカウチソファを置いたり、オットマンを置くなどリビングに合わせたサイズのソファを配置するとリビング全体のバランスが良くなります。

(ちなみにカウチソファとは下の画像のようにL字型になったソファのことを言います)

Photo:https://www.boconcept.com/ja-jp/shop/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%81%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1

そのような場合も、誰も使わないソファになったり1人しか使わないソファにならないかどうか。

この部分を意識しながらソファ選びをしたいですね。

 

ソファは家族の役に立って、初めて価値が出るものです。

ただの圧迫感のある飾り物にならないかどうか。

この部分がソファ選びではとても大切なんですね。

まとめ

今回はリビングに置くソファについて見てきました。

ソファはリビングの主役とも言える家具ですが、その分存在感もあり、ソファのサイズの選び方を間違えると圧迫感のある空間になってしまうなど、ソファの選び方というのは意外難しいもの。

今回の内容を参考にしながら、あなたに合ったソファを選んで見てくださいね。

では。

 

家具についてはこちらも参考にしてください。

部屋がお洒落になる!おすすめのソファ10選とソファの選び方

お洒落な家具や雑貨が見つかるおススメのインテリアショップ19選「2018年版」

素敵なインテリアの家にする家具の選び方

その家具と家電、家の中にちゃんと入りますか?

リビングについてはこちらも参考にしてください。

2階リビングのメリット、デメリットをプロの建築士がまとめました【絶対保存版】

リビングの広さはどれくらい必要?16帖、18帖、20帖で比べて見ました

リビング階段は寒い?プロが教えるメリットとデメリット。

おしゃれなリビングにするための収納術。片付く部屋にする方法をご紹介します。

建築士が教える今日の問題解決

ソファを選ぶときはどういう事に気をつければいい?

  • ソファは実際のサイズ以上にスペースが必要になる。
  • ソファを将来に渡って使うかどうかを考えながら、最適な価格、大きさのソファを選ぶ。
  • ソファは一生物と考えるのではなく、ライフスタイルに合わせてソファを変えるのも有り。