間取り診断を受けられた方から学ぶ!良い家を建てるための方法

屋根

こんにちは、O型建築士です。

間取り診断をさせていただいた方から素敵な感想をいただくことが多いのですが、その中にはプロの私でも「なるほどなぁ」と思えるような言葉を使われる方もいらっしゃします。

家づくりをされている方にとってとても参考になることが多いので、今日は間取り診断を受けられた方の声のご紹介、第2弾をお送りさせていただきます。

第1回はこちらをご覧ください

建築士の方の信頼度が増しました

「納得の内容でした!

特殊な土地のこともふまえて見ていただいたのがわかり、また全体的には問題ないとの診断に胸をなでおろしました。

 

今回この土地での設計の難しさや、施工の難しさがわかり、大変勉強になりました。

第三者からご指摘いただけたことで、建築士の方が仰っていたことも腑に落ち、信頼度が増しました。これからも安心してお任せできます。」

O型建築士
今までかなりの件数の間取り診断をさせていただきましたが、これまでで一番複雑な土地で家づくりをされていたKさま。

間取りも複雑な土地にも関わらず、よく考えられている間取りとなっていました。

 

複雑な土地の場合、検討することが数多く、一般的な土地の何倍もの手間が必要になるので、「細かい部分は後回しにして後で修正すればいいか」と考える建築士も中にはいますが、今回は最初から細かい部分をとてもよく検討されており、建築士の方の仕事の丁寧さが分かる内容でした。

 

そのような方が担当なら、複雑な土地なので色んな悩みも出てくる可能性もありますが、すごく前向きに家づくりを進めることができそうですね。

あの複雑な土地に良い家ができることを考えると、とても楽しみですね。

窓の設置は本当に難しいと感じました

「お忙しい中間取り診断いただき、ありがとうございました!

隅々まで読ませていただきました。

窓の設置は本当に難しいと感じました。

本当に細部まで見ていただき、やってよかったの一言に尽きます。

 

ありがとうございました。

これで午後からの打ち合わせが少し楽しみになりました。(^_^;)」

O型建築士
2回目のご依頼をいただいたTさま。

 

1回目にいただいた図面はご要望と大きく違っていたものだったのでラフ案をご提案させていただき、それを元に住宅会社さんと打合せを進められていました。

 

間取りはある程度固まっていたのですが、窓は住宅会社さんがザッとつけられた感じになっており、その窓で大丈夫なのかどうか気になられていました。

 

やはり窓は光と風通しに影響しますし、道路からよく見える部分は家の外観にも大きく影響してくるので、その部分を意識して家を建てたかどうかが家の善し悪しを左右してきます。

また、家の外観は最後に手を加えてもあまり変わらないので(変えられないので)、家の外観は間取りの初期段階である程度整えるのがポイントになってきます。

 

家の外観と窓については、あらためて記事にしていきますね。

 

全て納得して進めていきたいと思います

「開けている道路側に和室とバルコニーを持ってくる案は私も希望したことがあったのですが、その際に作って頂いた間取りがしっくりこなかったので諦めていましたが、O型建築士さんのゾーニング案は、一目で気に入ってしまいました!

ただ、今回は間取り決定の最終段階であったことや、調整にまた時間がかかりそうだったので、今の間取りを大きく変えずアドバイスを元に間取りを修正することにしました。

 

もうちょっと早く間取り診断をしていれば、、、と思う部分もありますが、アドバイスのお陰でほぼ要望の適った間取りに出来たので、良かったです。

O型建築士さんに設計してもらえる施主さんは羨ましいなあと思いました!

 

まだまだ家づくりは始まったばかりですが、とにかく希望が叶った所も叶わなかった所も全て納得して進めていきたいと思います。

この度は本当にありがとうございました。」

 

O型建築士
全て納得して家づくりを進めていくことを意識されているOさま。

ここまで意識されているのは、すばらしいですね!

 

家づくりは自分が納得した上で決断してきたかどうかが、家ができてからの満足度や後悔にすごく大きな影響を持っています。

そのことを実践されているOさまはきっと満足される家を建てることができると思いますし、完成する家がとても楽しみです。

 

ぜひ、家づくりを楽しんでくださいね。

 

もうひとつ、似たようなお声を紹介させていただきます。

納得して家づくりに臨むことができそうです

「無理を言って早めの返信をお願いしたのに対応していただいて本当に感謝しております。診断の結果を間取りに反映し納得のいく家を作っていきたいと思います。

O型建築士様がおっしゃった通り漠然とした不安のようなものがあったんだと思います。

 

周りに建築に詳しい人間もいなかったので、プロの第三者の方からしっかりと意見をいただけたことと、O型建築士様のおっしゃるように担当者から昨日もう一度間取りについて説明してもらったことで不安が解消されてすっきりし、納得して家づくりに臨むことができそうです。

これからもブログ拝見させていただきますね!この度は本当にありがとうございました。」

 

O型建築士
家づくりをしていると、「これで良いのかな?」「本当に大丈夫なのかな?」「もっと良い間取りがあるんじゃないかな?」このような漠然とした不安を抱かれる方も多いのではないでしょうか。

 

家づくりは一生に一度有るか無いかのことなのでほとんどの方が初めての体験ですし、家についての沢山の知識や経験をすぐに身につけるのはかなり難しいので、決めた事が良い選択なのか悪い選択なのか、より判断がしづらくなってしまうんですね。

 

家づくりは長い時間がかかるものなので、ストレスを感じながら家づくりをすると大きな負担になってしまいますし、せっかくの家づくりが楽しくなくなってしまうのはもったいないように感じます。

ぜひ1つ1つ納得しながら、楽しく良い家づくりをしてくださいね。

その他にも、「診断結果を元に納得した家を建てます」というお声を沢山頂いております。

(皆さん、本当にありがとうございます!)

 

今回、Oさま、Wさまのお声をご紹介させていただきましたが、納得する家づくりというのはホントに大切なことなので、その気持ちを忘れずに、楽しく家づくりをしてくださいね。

 

お腹にストンと落ちる音がたくさんしました

「いただいた診断内容も色々と腑に落ちることばかりで、本当にお願いして良かったです!

アドバイスを読んで、お腹にストンと落ちる音がたくさんしました…笑

 

キッチンの日当たりなど地味に気にしていたのですが、ご指摘いただいて、『やっぱり…』と思うことができました。

もっと早くお願いしていれば、悩む時間も節約できたと反省するばかりです。

 

いただいたものを元に、HMともう少し交渉していこうと思います。

この度は本当に、ありがとうございました。」

 

O型建築士
ハウスメーカーにつくってもらった間取りが大味で間延びしたように感じられ、もっとスペースのムダを減らして使い勝手を良くしたいとのことで、間取り診断をご依頼いただきました。

 

間取りを拝見させていただくと、間取りが間延びしている原因は家のゾーニングに隠されていることが判明。

おそらく、最初の間取りに付け加えたり修正していくことで、どんどん間取りのバランスが悪くなってしまったんですね。

(そのため、今の間取りをベースに打合せしても根本的な解決にならず袋小路に入ってしまうため、打合せで不安に感じられているのが痛いほど分かりました)

 

こうなると、間取りを根本的にやり直さない限り根本的な解決はできなくなってしまいます。

そこで、間取りが間延びしてしまう理由をご説明させていただき、間取りがコンパクトにおさまる他のゾーニング案をご提案させていただきました。

(このように、元の間取りに手をいれるだけではどうしようもないケースはよく見かけます)

 

ぜひ診断結果とゾーニング案を元に、満足のいく家づくりをしてくださいね。

まとめ

家づくりをする方にとって参考になる貴重なお言葉、皆さま本当にありがとうございます。

(載せきれなかった貴重なお言葉も沢山あるのがすごく心残りです!)

 

毎週、何件もの間取り診断をさせていただいていますが、やはり家づくりについて何かしらの不安を感じる方、また感じ取れる方から間取り診断のご依頼を多くいただきます。

 

家づくりの不安の原因が何で、その不安はそうすれば解消できるのか。

間取り診断は間取りを診るのが基本ですが、それが最終目的ではなく、何となく感じる不安をどうすれば取り除くことができて気持ちよく家づくりができるかという部分を重要視しています。(少しお節介な部分もありますが・・)

 

家はできるまで時間が掛かるものです。

どうせなら、その時間がストレスではなく楽しい物にした方が家づくりはずっと良くなります。

不安を解消して楽しく良い家を建てて、一緒に価値のある家を日本にたくさん増やしていきましょうね。

では!

 

間取り診断についてはこちらをご覧ください。

間取り診断サービス