工務店の規模によって完成する家が違う!?知っておきたい工務店の見方

屋根

こんにちは、O型建築士です。

間取りで悩まれている方に間取り診断をする際に、任意で間取りをつくってもらった工務店を教えてもらって、間取り診断書をお送りする時に簡単な工務店のアドバイスをすることよくあります。

その時に特に気になるのが、教えてもらった工務店の規模や大きさです。

工務店の規模によって、見てもらいたいポイントや注意してもらいたいポイントが違ってくるからなんです。

 

そこで今回は工務店の規模別に、工務店の特徴と見てもらいたいポイントを簡単にまとめました。

これから工務店探しをする方も、すでに工務店を決めている方もぜひご覧下さい。

1人〜数人の工務店

できたばかりの工務店

最初に工務店を立ち上げると、最初は1人から数人で始めることになります。

家族経営の工務店もこれくらいの人数のことが多いですね。

 

この規模の工務店は新築の家を手がけている工務店もありますが、リフォームがメインという工務店も多くあります。

実は工務店というのは、意外に簡単に立ち上げることができ、小規模のリフォーム業者なんていうのはとても入れ替わりが激しいのが特徴です。

理由は、小規模のリフォームであれば許可が必要なく、小さな工務店なら簡単に作ることができてしまうので参入障壁が低いんですね。

一方、新築の住宅を建てるとなると建設業の許可も必要になってきますし、家のことをある程度分かっていないといけないので、ハードルが高くなります。

 

少人数の工務店の特徴として、メインで仕事をする人のレベルに大きく左右されるという事が挙げられます。

営業活動や家の設計はもちろんのこと、工事現場の管理までする必要がありますが、そこまで仕事ができる人というのはそう多くはいません。

また、基本的に人が足りていないので、外注に仕事を発注しているということもよくあります。

この場合少なくとも、家のことがよく分かっている人が設計、現場管理をしているかどうかが重要なポイントになります。

最悪、現場は大工さんや職人さんに任せっ放しなんて現場を見かけることがありますが、そんな管理がする人がいない現場で良い家ができるとは到底考えられません。

 

少人数の工務店で家を建てるということは、より工務店の目利きが必要ということなんですね。

 

この1人から数人の規模より工務店を大きくする壁はかなり厚く、規模を大きくするためには人を増やしていくのが必須となってきます。

ただ、人手が足りず企業としての体力が無いので、未経験の人や経験の少ない人を育てる余裕がなく、即戦力な人材を揃えられるのかがポイントとなってきます。

 

見るポイント

少人数の工務店はホントに玉石混合の世界なので、小規模のリフォームくらいなら問題は少ないですが、家を建てる場合は実績や建てた家の完成度、経営状況などをしっかり見極めた上で依頼する必要があります。

工務店を気に入ったので応援したいという場合は、記念すべき最初の一棟目として家を建てるなんてことも。

数人〜10人未満の工務店

軌道に乗った工務店

この規模の工務店は、少数精鋭という言葉がよく似合います。

ある程度経験を積んだ人が働いていることが多く、規模は小さいですが良い家を建てている工務店が多いのが特徴です。

1人〜数人の工務店と比べると、かなり安定感も出てきます。

 

注意点としては、規模が大きくなくスタッフの人数が限られているので、1人でいろんな役割をこなす人が多く、良くも悪くも担当者のレベルが家の出来映えを左右します。

営業だけ、設計だけという人よりも、営業 兼 設計という人が多いのも特徴です。

また人数が限られているため、キャパシティをオーバーすると一気に品質が落ちやすくなるので、担当者があまりに忙しい場合は急がずに適切な時間を掛ける方が間違いなく良い家ができます。

 

ここからさらに工務店を大きくするには、組織として体系化する必要があり、経営者としてのセンスが問われます。

一方、経営者が家にこだわる設計士や現場監督の場合は、敢えて規模を大きくしないという選択をする人もいます。

 

見るポイント

これくらいの規模の場合、ほぼ全てのスタッフと顔見知りになるのでアットホームな雰囲気が好きな人に向いています。

また、建てている家が好みかどうかも重要ですが、家の性能まで目が届いていない工務店も多いので、家の性能については必ず確認したいポイントですね。

10人〜30人の工務店

成長途上の工務店

このくらいの規模になると、企業としての安心感が出てきます。

2代目社長が頑張っている工務店なんかもこの規模が多いですね。

若手の育成も可能になり、即戦力だけでなくいろんなレベルや職種の人が増えてくるのも特徴です。

 

スタッフの人数が少ないときはできなかった、建てる家の品質向上やマニュアル化など会社全体のレベルアップがしやすいのもこの規模の工務店の特徴で、数年経てば見違える工務店に変貌する可能性も秘めていますし、この規模が限界となる工務店も多く見られます。

経営者が会社内を把握できるギリギリの人数となり、経営者が家にどれだけ情熱があって、どんな家をつくりたいのかが今後も成長できるかの大きなポイントと言えます。

 

見るポイント

この規模になると年間の施工例も多くなっているので施工例は必ず確認しておきたいですが、ここでのポイントはこの数年間で家の性能やデザインが向上しているのか見るのが重要です。

向上していれば今後も楽しみな工務店ですし、進歩していなければ今後残念な工務店になる恐れがあります。

今の現状だけではなく、規模を活かして腕を上げている工務店かどうか見極めるのがポイントです。

30人を超える工務店

規模が大きい

この規模になると、品質の統一を図るために家づくりがシステム化されていきます。

営業は営業、設計は設計だけ、アフターサービスはアフターサービス専門の社員という様に、役割が細分化されてくるんですね。

その分、責任も分散されてしまう可能性があり、営業マンなど窓口になる人が信用できるかどうかがストレスの無い家づくりには重要になってきます。

 

見るポイント

会社の規模が大きくなればなるほど、人に左右される完全な注文住宅というよりも、効率を重視した規格型住宅が増えていきます。

規模が大きくなると、融通が利きづらくなってしまうんですね。

自分が建てる家は注文住宅なのか規格型住宅なのか、また家にこだわりのある人は仕様をどこまで自由に選べるのか確認した上で家を建てるのがポイントです。

まとめ

今回は工務店の規模による違いをご紹介しました。

私も多くの工務店を見てきましたが、工務店の規模によって建てる家や社員さんのレベルというのは確実に違ってきます。

 

家づくりは、

「規模が大きい」 = 「安心、良い家」という訳ではなく、それぞれのステージで見るべきポイントは違います。

 

規模が小さいほど、融通が利きやすいですが品質にバラツキが大きく、規模が大きくなるにつれ融通が利きにくく品質に安定感が出てきます。

また、良い意味でも悪い意味でも規模が小さいほど担当者のレベルに大きく左右され、規模が大きいほど担当者に左右されることは少なくなりますし、規模が小さいほどアットホームな傾向があります。

 

工務店の規模だけで家を建てる会社を決める人は少ないですが、工務店の規模による特徴を押さえておくことが、良い家を建てる上で重要なことなんですね。

あなたもぜひ、良い工務店で良い家を建ててくださいね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

今日の問題解決

工務店の規模によって注意することは何?

  • 規模が小さいほど、融通が利きやすいですが品質にバラツキが大きく、規模が大きくなるにつれ融通が利きにくく品質に安定感が出る。
  • 規模が小さいほど担当者のレベルに大きく左右され、規模が大きいほど担当者に左右されることは少なくなり、規模が小さいほどアットホームな傾向がある。
  • 工務店の規模によって特徴は違うので、見るべきポイントを押さえておくのが重要です。