どこに住む?土地探しのポイント

d074c86c06d20749de35a17ee75f0960_s のコピー

「暮らしのイメージ」と「総予算」がある程度きまったら、今度は、どの街に住むかを決めて土地を探します。

今回は土地探しのポイントについて見ていきましょう。

家が欲しいと思った時、最初にする事

家の資金計画。お金の事を考えてみよう。

土地探しのポイント

「土地探し」のポイントは、次の3つです。

①ロケーション(敷地の大きさや形、まわりの雰囲気)

②利便性(生活の基盤となる、駅やスーパー、学校などの距離)

③安全性(治安や災害)

 

まずはこの3つを「ものさし」にして土地を決めていくのが基本となります。

 

「土地探し」も「資金計画」と同じで、こうした方が良いという方法がたくさんあるのですが、何ぶん長くなりそうなので時間のある時にコチラに目をとおしてください。

土地について知りたい人はコチラ

 

土地探しのポイント

 

土地を見つける方法は、不動産会社で見つけてもらうか、住宅会社に土地探しを依頼するかが基本的な探し方になります。

まずは、不動産情報サイトで土地の相場をつかんで、「資金計画」の中から土地にいくら、建物にいくらかけるか、ざっくりしたイメージを持てると最高です。

 

大切なのは、「絶対この土地しかあり得無い」という土地が売りに出ている場合意外は、今の段階で、あせって土地を決めないことです。

相場を把握できれば十分です。

 

予算がオーバーしそうな場合は、もう少し土地探しの幅を広げるか、立地を優先するのかを決めておけると完璧ですね。

 

くれぐれも焦って土地を決めないことが重要です。

突然ですが問題です。土地と工務店どちらを先に決める方が良い?

2世帯住宅を建てる

 

また、親の敷地に家を建てるとか、親の土地に二世帯を建てるという方法も最近は増えています。

その場合、土地代はかからないのでその分建物にまわせる、光熱費などもシェアできる、子供の面倒も見てもらいやすいなど、メリットもたくさんあります。

 

同居できる環境にある方は、一度は二世帯を検討してみてはいかがでしょうか?

二世帯住宅を失敗しないための5つのポイント

 

次回は住宅会社を探す方法をお伝えします。

→300時間も得をする!住宅会社を探す時の秘訣

では。

 

こちらも家づくりの参考にしてください。

理想の家って何?私がブログを書き始めた理由

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

 今日の問題解決

土地探しのポイントって何?

  • ロケーション、利便性、安全性を基準に土地探しをする。
  • 土地は不動産会社だけでなく、建築会社でも探してくれる。
  • 建築会社で家の話をする前に、あせって土地を決めない。
  • 予算オーバーした時は、土地を優先するか家を優先するか決めておく。
  • 同居も有りなら、二世帯住宅も視野に入れる。