オール電化住宅を選んでいる人、3つの理由

ImageExternal

こんにちは、O型建築士です。

前回は、オール電化の住宅で最近気になる事をご紹介しました。

最近感じるオール電化のデメリット

今回は、オール電化の家にしている人の特徴についてご紹介します。オール電化の家にするかどうか迷っている人はぜひ参考にしてください。それではどうぞ。

オール電化住宅を選ぶ理由

オール電化

オール電化住宅を選ぶ人で一番多い理由は、土地に「都市ガス」が通っていない場合です。

まず、ガスは大きく分けて2種類あります。それは「都市ガス」と「プロパンガス」です。

都市ガスは地中に埋設されていて、そこから各家庭へと供給されています。一方、プロパンガスは各家庭にプロパンガスのタンクを設置して、そのタンクからガスを使用します。そして、ガスが減ってくるとプロパンガス会社がガスの補充に来ます。

一般的に、街や都市部などインフラが整っている場所は都市ガスが通っていて、その他の場所はプロパンガスの地域となります。

 

では、なぜプロパンガスの地域だとオール電化にする人が多いのかと言うと、プロパンガスの料金が高いためです。

プロパンガスの場合、地域にもよりますが都市ガスの2倍以上ガス代が必要になってしまいます。都市ガスとオール電化を比べた場合、設置とランニングのトータルコストで見るとそんなに大きな違いはありませんが、プロパンガスとオール電化を比べた場合、オール電化にした方が金銭的メリットが大きくなります。

そのため、プロパンガスの地域ではオール電化住宅にすることが多いのです。

初期コストにお金を掛けれる人

初期コスト

オール電化の住宅とガスの住宅を新築した場合を比べると、オール電化住宅の方が30万円〜40万円ほど高くなります。理由はエコキュートの方がガスの給湯器よりも高い事や、ガスコンロをIHコンロに変更しないといけないので、オール電化にした方が初期コストがかかります。

そのため、初期コストに余裕が無いとオール電化を選ぶことできません。

余談ですが、家でやりたい事をどんどん追加した結果、最後の最後でオール電化からガスに変更して予算を捻出したという強者のお客さんもいます。

 

ちなみに、ランニングコストについては電気の使い方次第と言えます。昼間によく電気を使うのであればオール電化の住宅はランニングコストが上がりますし、夜しか家で電気を使わないのであればランニングコストは下がります。

ただ、昼に家にいるとかはライフスタイルによって大きく左右されます。今は夫婦二人で共働きなので昼に家にいなかったとしても、子供が生まれれば昼に電気を使う事が増えます。子供がある程度成長すると昼に電気を使う事は減りますが、仕事をリタイアすれば昼に電気を使う事が増えるようになります。

そのため、ライフスタイルによってオール電化のランニングコストは大きく変わると言えます。

IHコンロが好きな人

オシャレなIHPhoto:http://www.aeg-jp.com/

意外と多いのがIHコンロが好きな人です。汚れづらいですし、熱の強さをコントロールしやすいのでIHコンロが好きという人が結構います。

オール電化にしなくてもコンロだけIHにすることができますが、コンロだけIHにする人はあまりいなく、IHにするならオール電化にするという人が多いです。

余談 建築家もIHが好きです

建築家はオール電化の住宅を好む傾向にあります。理由は、ガスコンロだと火を使うので「内装で使うものに燃えない物を使わないといけない」という法律によって内装が制限されます。一方、IHだと火を使わないので法律の制限を受ける事が無く、自由に内装を仕上げる事ができるからです。

まとめ

オール電化を選ぶ人の理由を3つ上げましたが、最近では都市ガスが通っていてオール電化を選ぶ人はほとんどいません。昔は電気はクリーンなエネルギーと言うイメージがありましたが、震災以降は電気のイメージがガラリと変わりました。そして、電気とガスをそれぞれ使えるようにして、片方が止まってもどうにかなるようにリスクを分散している人が多くなっています。

次回は、オール電化の住宅にする時の注意点を見てみましょう。

では。

読んで学べる。オール電化住宅で気をつけた方がいい3つの事

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

オール電化住宅にする人の特徴

  • 土地がプロパンガスの人
  • 初期費用に余裕がある人
  • IHコンロが好きな人