旗竿地のメリットとデメリットと旗竿地に良い家を建てる方法

家を建てる場合、家を建てるための土地が必要となりますが、その土地の形や特徴というのは様々です。

少し変わった形の土地のことを「変形地」と呼びますが、そんな変形地の中でも今回スポットを当てるのは「旗竿地(旗竿地)」という土地。

土地の形が竿のついた旗のような形をした土地のことを言います。

このような形の土地ですね。

 

旗竿地は道路から続く細長い通路が竿、家を建てる部分が旗の形をしているのが分かりますね。

そのためこのような旗竿状のとちのことを「旗竿地」または「敷地延長」略して「敷延(しきえん)」と呼びます。

 

土地探しをしているとこのような旗竿地を見かけることはよくあるのですが、では、このような旗竿地にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

今回は建築士の視点から旗竿地について見ていきたいと思います。

旗竿地のメリット

それではまず、旗竿地のメリットについて見ていきたいと思います。

旗竿地のメリットとしては、

  • 土地の価格が安い
  • 道路から奥まった土地なので静か
  • デザイン性の高い家にしやすい

このようなメリットが挙げられます。

 

それでは具体的に旗竿地のメリットについて見てみましょう。

 

土地の価格が安い

旗竿地の1番のメリットは土地の価格が安いこと。

土地が旗竿地という特殊な形のため、旗竿地の価格は周辺相場よりも安いことがほとんどなんですね。

そのため、土地の価格が高いエリアでも旗竿地なら費用を抑えながら家を建てることができるようになります。

例えば価格が高くて諦めていたエリアでも、旗竿地を候補に入れることで土地探しの幅が広がるんですね。

このように家に予算を掛けたい方や、費用を抑えたい方にとっては旗竿地は魅力的な選択肢となります。

 

道路から奥まった土地なので静か

旗竿地では道路から奥まった位置に家を建てることになるので、静かな住環境が手に入りやすくなります。

道路を通る車の音も聞こえにくいですし、道行く人からも家が見えにくいのでプライバシーの高い家にすることができるんですね。

そのため旗竿地は静かな環境が好きな方に合った土地と言えます。

 

デザイン性の高い家にしやすい

旗竿地に家を建てる場合、周りが家に囲まれた特殊な場所に家を建てることになるので、必然的に普通の家とは少し違った家を建てることになります。

旗竿地に普通の家を建てると、周りの家に遮られて陽の光が入らない暗い家になってしまうので、工夫を凝らした家になることが多いんですね。

また旗竿地の場合、家の外観は道路から少し見えるだけなので、その分、家の内装や設備に予算を回すこともできます。

そのため、旗竿地に建てる家はデザイン性の高い家になることが多く、その土地にあったオリジナルの家になるのも大きな魅力です。

 

TVや雑誌などでも旗竿地に建築家が建てたオシャレな家を見かけることもよくあります。

それだけ旗竿地の家は個性的でデザイン性が高い家になることが多いんですね。

ちなみに、私(建築士)も旗竿地で家を設計する場合はどんな家にするか間取りを考えるのが楽しくてワクワクします。

旗竿地のデメリット

Photo:http://www.the-season.net/setagaya/

それでは次に旗竿地のデメリットについて見てみましょう。

旗竿地のデメリットとしては、

  • 光や風を入れるための工夫が必要
  • 旗竿地は車の止め方が限られる
  • 出入りがしにくい
  • 防犯対策が必要
  • 旗竿地は売却がしにくい

このあたりが旗竿地のデメリットに挙げられます。

 

では、旗竿地のデメリットを具体的に見ていきたいと思います。

 

光や風入れるための工夫が必要

旗竿地はその敷地の特性上、敷地の周りがお隣の家に囲まれていることがほとんど。

そのため、陽の光が入る場所や時間というのはかなり限られますし、風も上手くコントロールしないと風があまり入らない風通しの悪い家になりがちです。

そうならないよう、間取りを工夫して光や風が入る快適な家にする必要があるんですね。

 

例えば中庭や吹き抜けを設けたり2階リビングにして家の中に光が入りやすいようにしたりするのも旗竿地の場合は効果的が高くなります。

1つだけでなく、いくつかの手法も組み合わせるのも良いですね。

明るい家になる?知っておきたい中庭のメリットとデメリット

吹き抜けのメリット、デメリットと失敗しない吹き抜けの作り方

2階リビングのメリット、デメリットを建築士がまとめました【絶対保存版】

 

また、窓の配置や種類を工夫して風入れるのも旗竿地の場合は特に重要になります。

家を建てるなら必ず知っておきたい窓の話

どこから風が吹いてくる?風通しの良い家をつくる方法

 

このように旗竿地で家を建てる場合は、光と風をどれだけ取り込んでデメリットを消すことができるのか。

これが旗竿地の間取りの1番のポイントとなります。

 

旗竿地は車の止め方が限られる

旗竿地に車を止める場合、通路部分に車を止めるのが一般的です。

そのため車を2台以上止める場合は必然的に車を縦列に止めるようになります。

このような感じですね。

旗竿地の駐車

縦列駐車の場合、1台をメインで使ってもう1台はたまに使う程度であればそれほどストレスはありませんが、常に車を2台使うという場合は後ろの車を出すときに前の車が邪魔なんてこともよくあります。

そのため縦列駐車がデメリットと感じるかどうかは車をどれくらいの頻度で使うかで変わってきます。

あとで後悔しないよう、旗竿地の場合は縦列駐車がストレスになるかどうか考えた上で、旗竿地を購入するかどうか決めたいですね。

家を建てるなら知っておきたい車の駐車方法

 

出入りがしにくい

旗竿地は出入りがしにくいというのもデメリットとなります。

通路部分の広さが限られているので、その分、旗竿地は出入りがしにくいんですね。

 

特に旗竿地を検討する場合、通路の幅次第で出入りのしやすさは大きく変わります。

先ほどお伝えしたように通路部分は駐車スペースとなるだけでなく、玄関へのアプローチも兼ねることになるからなんですね。

そのため、旗竿地の通路が狭い場合、通路に車を止めたらほとんどアプローチのスペースが残らないなんてことも。

車の駐車に必要なスペースは軽自動車で2m、普通車で2.5mほど必要なことを考えると、できれば旗竿地の通路部分は3mは確保しておきたいですね。

 

また、旗竿地は自転車を置きにくいというのもデメリットの1つ。

旗竿地では駐車場を道路側、駐輪場を玄関の前に配置することがほとんどです。

こんな感じですね。

旗竿地の配置

そして旗竿地の通路部分が狭いと自転車を駐輪場まで移動させる時に車に擦ってしまうなんてケースも。

そのため旗竿地のデメリットを少しでも減らすなら、通路部分の幅が広い旗竿地を選びたいですね。

 

防犯対策が必要

旗竿地は道路から奥まった部分に家を建てるため死角ができやすく、防犯面で弱いのも旗竿地のデメリットと言えます。

そのため、1階の窓ガラスは防犯ガラスにしたり人が入りにくいサイズの窓を配置するなど防犯面での対策が必要となります。

また、敷地には人が歩くと音がする防犯砂利や人を感知するセンサーライトなど、できる限り防犯対策に力を入れておきたいですね。

家の防犯はどうすればいい?7つのオススメ防犯対策

 

旗竿地は売却がしにくい

旗竿地のメリットに価格が安いということをご紹介しましたが、価格が安いということは売却の時に普通の価格では買い手が付きにくいということの裏返しになります。

そのため、旗竿地に建てた家を売却しようとする場合は買い手がつくまで時間が掛かったり、値下げが必要になる可能性も高くなります。

土地の価格交渉は良い事?悪い事?

 

ただ、土地だけで見ると旗竿地は売却がしにくいですが、旗竿地に家を建てた場合は事情が少し変わってきます。

家を少しでも魅力あるものにすることで、旗竿地が価値あるものに変わるんですね。

では、どうすれば旗竿地が価値あるものに変わるのでしょうか?

最後に旗竿地のデメリットをメリットに変える方法について見ていきたいと思います。

旗竿地のデメリットをメリットに変える方法

旗竿地で1番大切なもの。

それは家の設計力です。

 

一言で旗竿地と言っても旗竿地によって敷地環境は変わってきますが、その旗竿地の特性を活かした設計をすることで旗竿地のデメリットをメリットに変えることができるようになるんですね。

そのためにはどのような住宅会社や工務店で家を建てるか、また誰に設計を依頼するかで完成する家は大きく違ってきます。

 

具体的には設計力の高い住宅会社や工務店、設計事務所に家の設計の依頼をすることが、旗竿地の価値を高める1番の方法なんですね。

特に旗竿地は環境が厳しいことが多いので、設計力が求められる土地です。

言い換えれば、旗竿地を活かすには高い設計力が必須となり、設計力が低い住宅会社や工務店で旗竿地に家を建てるのはできるだけ避けるようにする。

旗竿地を選ぶ場合はこの点を強く意識しながら、あなたに合った住み心地の良い家を建てたいですね。

良い家をつくる設計士が必ずもっているもの

家の設計で一番大事な事

設計士さん次第で、どうしてこんなにも違うの?その理由をお答えします。

まとめ

今回は旗竿地のメリットとデメリットについて見てきました。

旗竿地は価格という大きなメリットがありますが、その分デメリットも多く家を建てるのが難しい土地です。

そして、家を建てるのが難しい土地になればなる程、家の設計力が重要になってきます。

旗竿地で家を建てる場合は土地だけを見るのでなく、家の設計も含めて検討するのがとても大切なんですね。

旗竿地を検討されている方は、ぜひ土地のデメリットがメリットに変えてくれるような設計力の高い会社で家を建ててみてくださいね。

では。

 

旗竿地についてもっと詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。

旗竿地って何?旗竿地を買う前に注意したいポイント【絶対保存版】

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

建築士が教える今日の問題解決

旗竿地のメリット、デメリットって何?

  • 旗竿地の1番のメリットは価格が相場より安いこと。
  • 旗竿地の1番のデメリットは敷地環境が厳しく、光や風が入りにくいこと。
  • 旗竿地で家を建てる場合は、設計力の高い会社で家を建てるのがベスト。