照明計画の失敗例と、照明で失敗しないためのポイント

照明器具

家の失敗例で多いのが、「照明」についてです。

家づくりだと、どうしても間取りなど派手な部分に目が行きがちで、照明についてはいつの間にか決まっていて、家ができてから失敗したということに気付いたという声もよく聞きます。

 

それだけ、照明は失敗しやすいポイントなんですね。

 

そこで今回は、照明でよく見かける失敗例と、照明で失敗しないためのポイントについてお伝えしたいと思います。

それではどうぞご覧ください。

玄関の照明

家づくりの中で、玄関の照明は失敗しやすい確率がかなり高いポイントです。

玄関の照明計画でどのような失敗が多いかと言うと、それは照明の位置次第で顔の表情が暗く見えてしまうという点です。

 

どういうことか見てみましょう。

 

照明は、人の前から光が当たるのか、人の後ろから光が当たるのかで顔の見え方が大きく変わってきます。

前から光が当たれば表情は明るくなりますが、うしろから光が当たると影になり表情が暗くなってしまうんですね。

表情が暗く見えてしまうのと表情が明るく見えるのとどちらが良いと聞くと、誰でも明るい表情の方が好印象を持ちますよね。

特に玄関は家に入って一番最初の場所なので、家の人の印象や来客の印象を大きく左右します。

 

以上のことを踏まえると、玄関ではどのような照明計画を避けるべきなんでしょうか。

玄関の照明計画で一番避けたいのは、人が立つ位置の後ろに照明を配置してしまうことです。

このような位置ですね。

light

こうすることで、背中に照明を当てることになり、暗い顔に見えてしまう玄関が完成してしまうんですね。

玄関はある程度の広さがあるので、何となく玄関部分に照明を1つ、そしてホール部分に照明を1つ配置されていることがありますが、上のような配置は一番避けたい照明の配置です。

 

一方、靴を抜いでホールに上がる框(かまち)上部に照明を配置すれば顔に光が当たるので、顔の表情が明るく見えます。

このような位置ですね。

light2

正面から光が当たるので、玄関、ホールそれぞれの人の正面から光が当たるようになります。

玄関が広くて複数照明を付ける場合でも、少なくとも玄関の框部分に照明を付けて顔の表情が明るくしてあげるのが正解なんですね。

これは玄関だけでなく、人が立つ位置が決まる場所では必ず押さえておきたいポイントと言えます。

ダイニングテーブルの照明

luisPhoto:http://www.louispoulsen.com/jp/products/

ダイニングテーブルの上には必ずと言っていいほど照明器具が付きます。

やはりせっかく食事をするなら料理がおいしく見えるような照明器具を選んだり、照明の配置したいですよね。

ダイニング用に使うデザイナー照明だと、ルイスポールセンあたりが特に有名です。

 

そんなダイニングの照明ですが、意外と難しいのがダイニング照明の位置です。

基本はダイニングテーブルの真ん中に配置する必要があるのですが、何となくこの辺りがダイニングという感じで照明を配置してしまうと、思わぬ失敗をしてしまうことがあります。

実際にダイニングテーブルを配置してみると、照明の位置が上手く合わないなんてことが起こってしまうんですね。

 

そうなってくると、無理矢理テーブルの位置を照明に合わせるか、照明が中心からズレてしまうけども割り切って使うという選択肢になってきます。(どちらかというと、照明が中心からズレるけども諦めて使っている方が多いです)

ダイニングテーブルは家具の中でも大きな物なので、照明とズレていたり位置がおかしかったりすると結構目立ってしまいます。

とくに照明を1灯ではなく3灯など複数配置する計画にしていた場合は、より照明のズレが目立ってしまい、残念で仕方がないダイニングになってしまうということも。

 

ダイニングテーブルの照明の位置を決めるときは、テーブルの大きさをしっかり踏まえた上で寸法を出してあげる必要があるんですね。

間違っても電気配線図に書いてあるからそのままにするのではなく、どのようにテーブルを置くかを明確にしておくことがポイントです。

(初期段階の電気配線図の照明の位置は、何となくで描かれていることが多いです。そのままにすると、どうなるか簡単にイメージできますね)

 

また、ダイニングテーブルを縦置きにするか横置きにするか迷うケースもたまに出てきます。

そんな時は、90度回転できる照明取り付け用のレールも販売されているので、縦置き、横置きどちらにも対応できるようにしておくのがおススメです。

ダイニングで美味しいご飯を食べるために気をつけたい3つの事

洗面化粧台の照明

洗面アイキャッチ

洗面化粧台を見た時、既製品の洗面化粧台は照明や収納もセットになっている物が多いですが、見た目が味気ない物が多く、造作にしたり鏡部分は自分でお気に入りの鏡を取り付けるという方も多くいます。

そんな場合に気をつけたいのが鏡を見るときの照明です。

 

この場合、玄関と同じように前から光が当たるようにするのが基本となります。

後ろからの光だけだと、顔の表情がよく分からなくなってしまうんですね。

 

また、最近では家の照明は落ち着いて見える白熱灯のような赤みがかった光が主流になってきましたが、洗面所の鏡を見る照明だけは蛍光色の方がおススメです。

蛍光色の方が白熱色よりも細かな部分が見えるんですね。

 

白熱色で見たときは気にならなかったけども、太陽の下で見たら実は気になったという事も普通にありますので、鏡を見る照明はできるだけ明るい色の方が間違いが少なくなります。

おしゃれで使いやすい洗面所をつくるための5つのポイント

窓への映り込み

img_0089

最近では、家の中から庭が眺められるようにするなど、外のスペースを積極的に使う間取りが増えてきました。

家の中から庭を眺められれば視線が外にも抜けますし、ライトアップをすればホテルや旅館のようなおしゃれなスペースを演出することもできます。

ただ、そんな時に気をつけたいのが窓ガラスへの光の映り込みです。

 

折角おしゃれな庭を作ってライトアップまでしたのに、室内の光が窓ガラスに映り込んで外がよく見えないという事態となっているのをよく見かけるんですね。

これは室内の照明が強すぎることと、窓ガラスへの映り込みを無視した照明計画が大きな原因です。

外の空間もライトアップして楽しむ場合は、室内側の照明はできるだけ絞って外の明かりが映えるように、また、室内側も間接照明など光源が見えず窓ガラスに反射しにくいよう配慮するのがポイントになります。

外を眺める時用、カーテンを閉めた後用など調光機能を付けてあげると、よりうまい感じで光をコントロールできるのでおススメですね。

均一な明かりの照明計画

どこにどんな照明を配置するかというのが描いてある電気配線図。

全ての家ではこの電気配線図を元に照明の配置を行います。

 

そして、この電気配線図を見れば、その家の照明計画は良いかどうか大体分かります。

 

電気配線図を見ていて一番多く、一番味気ないのは、とにかく部屋全体を明るくしようとする電気配線図です。

部屋の明かりと言うのは必ずしも天井から取る必要もありませんし、明かりの重心を低くした方が落ち着く空間になりやすいのですが、とにかく天井から部屋を明るくしようとしているんですね。

例えばオシャレな家や宿を見てみると、天井からだけでなくいろんな位置から光を採り、空間に陰影をつけているのが分かります。

 

一方、天井からの光だらけの家が完成するとどうなるのかというと、とにかく均一な光で何の面白みもない空間になります。

場合によっては、そんなに照明が必要無いので使わないダウンライトがチラホラあるという家も。

とにかく照明の配線を増やすと言うのは、図面を描く人間の心理からすると後で暗いとクレームを言われないためという背景も大きく、実際には必要の無い過剰な照明計画になっていることが多いんですね。

 

本当にそれだけ天井から照明が必要なのか。

そしてつくる家はそのような均一な空間を目指しているのかどうか。

このあたりはしっかり考えた上で、配線計画を見ていきたいですね。

照明プランは鵜呑みにしない

img_index01Photo:http://www.koizumi-lt.co.jp/showroom/pia/

照明の配線を決める時、普通は照明プランと言うものも一緒に出てきます。

照明プランと言うのは照明器具を販売しているメーカーが電気配線図を元に、自社の照明器具を写真入りで図面化しているもので、照明器具の定価見積もりもついてきます。

 

照明プランは照明器具のイメージをしやすいので、照明器具を決めるには必須となってくるものですが、だからといって照明プランを鵜呑みにしてしまうのは結構危険なんです。

基本的に照明プランはパナソニックなどの照明機器を取り扱っているメーカーが作ってくれるのですが、反映されるのはある程度の予算がメインで、そこには家を建てる人の好みやインテリアが反映されていることが少ないですし、照明プランをつくる人の腕によっても出来映えは違ってきます。(これは、依頼者の顔を見ながらつくるという仕組みではないので、ある意味仕方ない部分ではあります)

 

そのためそのまま鵜呑みにしてしまうのは危険ですし、要はたたき台といった感じで見るのが正解となってくるんですね。

 

一方、照明プランを照明器具メーカー任せにせずに、自社で作っている工務店もあります。

その場合は、あらかじめ照明の好みや完成する家のイメージを共有することができるので、最初から完成度の高い照明プランができ上がります。

やはり手間がかかっている分だけ、信用度が高い物ができあがるんですね。

提案もできる工務店なのか、それともお施主さんに物を選んでもらうのがメインの工務店なのか。

この辺りが現れてくる部分とも言えます。

 

 

照明に関しては外部任せなのか、それとも自社で責任を持って対応するのか。

照明は打合せの最後の方になりますが、家の契約前にこの部分も確認しておくと、どれくらいのクオリティの家をつくっているかが判断しやすくなります。

良い家を建てられる人と、良い家を建てられない人の違い

しっかりした工務店かどうかを簡単に見極める方法

良い家をつくる設計士が必ずもっているもの

まとめ

今回は照明で失敗しやすいポイントについてお伝えしました。

照明の配線や照明器具は家づくりの終盤で決めることが多いですが、家の雰囲気を左右する大きな部分でもありますし、毎日使う物なので暮らしやすさと言う部分に直結してくる部分でもあります。

しっかり考えられた照明計画を元に、暮らしやすい生活を送りたいですね。

では。

 

照明やコンセントはこちらの記事も参考にしてください。

すごく簡単!おしゃれに見える照明の配置3選。

間接照明を上手くつくるコツと失敗例

照明器具で気をつけておきたい4つのポイント(施主支給編)

コンセントの配線を失敗しないための5つの方法

電気配線図はここを注意!スイッチを使いやすくする方法

スイッチの種類。おすすめのスイッチとおしゃれスイッチをご紹介します。

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

照明計画で失敗しやすい点でどこ?

  • 玄関など、人の立ち位置が決まる場所では顔が影にならないようにする。
  • 位置を決める必要があるものは、曖昧にせず必ず位置を決めておく。
  • 強い光はガラスに映り込みやすいので、外を見る場合は光のバランスに気をつける。
  • 天井からの明かりが強すぎると、面白みのない均一な空間になりやすい。
  • 照明プランは鵜呑みにしない方がベスト。自社で作っている所は信用度大。