家の工事が着工した後に気をつけたい注意点

excavator-428508_1280

「家を建て始めてから気をつけたら良い点があれば記事にしてもらえませんか?」

読者さんよりこのようなリクエストをもらいました。

 

長かった家の間取りや仕様の打合せが終わると、いよいよ家の工事の始まりです。

これまで図面やCGでしか見ることができなかった家が実際に建っていく姿を見るのは、やはり感無量ですね。

それまではショールームや事務所で家の打合せをしていたのも、今度は現場がメインに変わっていきます。

 

このように家の工事が着工すると家づくりをより身近に体感できるようになりますが、では、家を建てている時はどんな事に気を配ればいいのでしょうか?

今回は、より良い家にするための工事現場との付き合い方についてご紹介していきたいと思います。

良い家にするには現場に行く

man-471192_640

これまで私が家づくりをしてきた中で言える事として、

「工事現場によく行った方の方が良い家ができる可能性が高い」

ということです。

 

なぜでしょうか?

 

その理由は、現場に行くことで監督や職人など工事に関わる人と良い人間関係を築ける可能性が高くなるからなんです。

お互いの信頼関係を築くことが、良い家を建てるのに一番重要なんですね。

 

もちろん、ミスや手抜きが無いかなどをチェックするために現場に行くという方法もありますが、工事のチェックポイントは沢山ありますし、素人の方が全部チェックするとなると相当の時間や労力が必要になります。

素人の方が工事現場をチェックし続けるというのはあまり現実的ではないんですね。

(そもそも、工事の内容をチェックしないと信用できない会社とは家の契約をするべきでは無いですが)

 

チェックすることで緊張感が生まれるという点ではいいですが、相手を信用できないと相手も自分を信用してくれないように、信用されていないと思われる状態で仕事をするのは気持ち良い物ではありませんし、ミスは少ないかもしれませんが、それ以上の物ができる現場とはなりません。

チームとして良い家をつくる。

そんな雰囲気にするのが重要なんですね。

(また、お施主さんが現場によく通うだけで自然とほど良い緊張感は生まれます)

現場と信頼関係をつくる方法

wmn0092-001

まず現場との信頼関係を築くのが重要とお伝えしましたが、ではどうすれば現場との信頼関係が築きやすくなるのでしょうか。

 

それはコミュニケーションを取ることです。

工事現場であれば仕事中なので中々声をかけづらいという方もいらっしゃいますが、そんな時に役にたってくれるのが差し入れです。

差し入れが良いコミュニケーションツールとなってくれるんですね。

 

もちろん、差し入れがないと手を抜く何てことはまず有り得ませんが、職人さんも人間です。

やはり差し入れを持ってきてもらえると単純にうれしいですし、親近感も湧いてくるので、間違いなく工事の質は上がります。

顔も何も見えない人の家をつくるよりも、親しい人の家をつくる方が力が入るのは、すべて機械で作るものならいざ知らず、家のように人が作るものであれば致し方が無いこととも言えますね。

 

差し入れを持っていく場合、そんな毎回高価な物は必要無く、夏場は冷たい飲み物であったり冬場は暖かい飲み物やお菓子くらいでも十分です。

価格ではなく、その時々であると有り難いなと思える物を用意できるとベストなんですね。

 

そして差し入れを持っていくので終わりではなく、ぜひその時に職人さんに声をかけてみてください。

お互い話をするきっかけになってくれるはずです。

 

ちなみに、基本的に工事現場は10時と15時に休憩をとることが多いので、その時間に上手いこと合わせられると一番スムーズです。

分からないことは聞いてみる

PAK77_telsuruoff20140823093027500

工事現場を見ていると、分からないことや気になることの1つや2つは必ず出てきます。

そんな時は、遠慮なく聞いてみるのが一番です。

 

職人さんが仕事中で聞けない場合も当然ありますが、そんな時は後で電話やメールで現場監督に聞いてみてください。

家づくりでは、モヤモヤした感じを残したまま進めてしまうのが一番後悔が残ることなので、疑問点などはその場その場で解決していくのが、良い家にするための重要なポイントとなるんですね。

(現場に限らず、図面の打合せの際も同じです)

 

その他では、家の図面を見なくても間取りや仕様が頭に入っているくらいだとベストと言えます。

現場では階段を登ったりすることもあるので、できるだけ物を持たない状態の方がやはり動きやすいです。

 

たまに現場と図面が違っていたり打合せと違っていることも起こりえますが、そんな時も図面が頭に入っていると間違いに気付きやすくなります。

(これは本来は現場監督の仕事ですが、修正は早い段階の方がより良いのは間違いありません)

変更等は現場監督に

大工

家の工事をしている時、実際に家を見てどうしても棚などを追加したくなったり、変更をしたくなることも有り得ます。

そんな場合、ついつい近くにいる職人さんに伝えてしまいたくなりますが、変更は現場監督に伝えるのが基本的な流れになります。

 

現場監督が工事の責任者なので、それ以外の人に伝えると誰が誰に何を伝えたなどが明確でなく、意思決定や責任の所在があいまいになってしまうからなんですね。

工事現場で何かあった時は現場監督を通す。

もしくは現場監督に聞いてみる。

 

これが基本的なスタンスとなります。

 

ただ、工事中の変更は難しい場合も多かったり費用も大幅に掛かってしまう場合も多いので、間取りや仕様の打合せの時に全て決めておけると一番ですね。

打合せは現場で

工事が始まるまでは住宅会社や工務店のショールームや事務所での打合せがほとんどですが、工事が始まれば、ローンの手続きなど家に直接関係のない打合せ以外は現場でやるとイメージがつきやすく分かりやすいです。

 

そのため何か打ち合わせがある場合は、基本は現場で打合せするのが基本となります。

 

その反面、現場はイメージがつきやすいですが、ショールームや事務所のようにエアコンが効いている訳ではないので、暑さや寒さなど自然環境の影響はモロに受けます。

そのため、暑い時期や寒い時期は、こまめな水分補給や服装には十分注意が必要になってきます。

 

特に家の周りに足場がある場合、夏はシートがかかっているので家の中は物凄く暑い状態になっていることが多いですし(ホント暑いです)、冬は外気と変わらない状態の上、現場ではくつを脱いで現場で用意されているスリッパに履き替えるのがほとんどなので、特に足元から底冷えには注意が必要です。(ホント寒いです)

 

基本的には工事が始まると現場での打合せが一番ですが、体調が悪かったり妊婦さんのようにより体調に配慮が必要な場合は現場での打合せを控えたほうが良い場合もあるので、状況に合わせて上手く調整していきたいですね。

まとめ

今回は家が着工してから良い家にするためのポイントについてご紹介しました。

良い家をつくる場合、工事が始まればまずは現場との信頼関係を築く。

間取りや仕様の打合せを通して営業や設計士と信頼関係を築いていくように、現場でも信頼関係を築くのが大切なんですね。

 

家の工事がはじまると、家づくりも終盤です。

ぜひ残りの家づくりも楽しみながら、良い家ができるようにしていきたいですね。

では。

 

地鎮祭や上棟なんかも忘れずにチェックしたいですね。

建物着工〜引渡しまでのイベント

家づくりの流れはこちらをご覧ください。

【保存版】必ず知っておきたい家づくりの流れをまとめました

家だけでなく外構工事も引越すまでに終わらせておきたいですね。

外構のデザインで家の外観は驚くほど変わる

庭が楽しくなる!居心地抜群なウッドデッキのつくり方

縁側のある家をつくる時に大切なこと

おすすめのシンボルツリー17選と、シンボルツリーを植える時のポイント

郵便ポストを設置する時に知っておきたい3つの場所

あなたの敷地にブロック塀はありますか?ブロック塀で必ず注意しておきたいこと

その他、工事中で気になる記事を集めました

家を建てるのに梅雨の時期ってどうなの?

良い家をつくるために。簡単だけど重要なたった1つの事

窓を変更したいんですが、着工後の変更はどこまで可能なんでしょうか?

転居の手続き一覧。新しい家に引越しする時に必要な8つの事。

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断