しっかりした工務店かどうかを簡単に見極める方法

IMG_6521 のコピー

このところ、「この工務店は大丈夫ですか?」というご質問が増えてきています。

気になっている工務店が、しっかりした工務店なのか、それとも微妙な工務店なのかがよく分からないので、不安になってしまうんですね。

 

そこで今回は、気になる工務店がしっかりした工務店なのかどうか、簡単に判断する事ができる方法をご紹介したいと思います。

工務店(住宅会社)のことが気になる方は、ぜひご覧ください。

住宅業界は簡単に参入しやすい

Buy new house

家を建てるとなると、住宅会社や工務店に依頼することが多いですが、実は住宅業界はかなり参入障壁が低い業界です。

新しく工務店の事業を始めやすいということなんですね。

 

では、どれくらい事業を始めやすいか具体的に見てみましょう。

 

例えば社長1人で工務店を立ち上げたとします。

1人で工務店の仕事を全部するのは大変ですが、実は自分でやらなくても何とかなってしまうことは結構あります。

設計を自分で、もしくは外注に出して、家を何棟も建ててきたある程度の腕を持った職人に依頼すれば、家のことをそこまで詳しくなくても家を建てることができてしまいます。

あとは、家を建てるための建設業の許可など必要な手続きをすれば、晴れて、工務店の新規開業という訳ですね。

 

リフォームの場合なんかはもっと参入障壁が低いです。

小さい工事なら建設業の許可もいらないので、極端な話、お客さんさえ見つけることができれば今からでも始める事が可能です。

 

このように、ちょっとした知り合いのコネがあれば、すぐに始められてしまうのが住宅業界の現状なんですね。

 

もちろん、工務店を新しくつくることは悪い事でも何でもありませんが、このような工務店が建てる家が良いか悪いかは、また別の話になってきます。

参入障壁が低い分、色んなレベルの工務店が存在するという訳なんですね。

 

確かに、とにかく外注に出してばかりいたり、職人に任せっきりの現場では、良い家が建てられるとはあまり思わないですよね。

家の品質を確保するためには、いろんな事を勉強、理解した上で、さらに改善や細かいチェックをすることで、高い品質の家をつくれるようになってきます。

逆に言えば、品質を確保されていない家は、高価な粗悪品になってしまう可能性が高くなってしまうんですね。

 

ほとんどの人にとって、一生に一度建てられるかどうかというせっかくの家が、実は微妙な家だったというのは避けたい人がほとんどだと思います。

 

じゃあ、例えば社長と数人でやっている人数が少ない工務店を注意すればいいのかというと、そう言う訳でもないのが難しいところ。

たまたま営業力があって大きくなった工務店もありますし、少人数で丁寧な仕事をしている工務店もあります。

工務店の規模によって完成する家が違う!?知っておきたい工務店の見方

 

工務店の規模についても注意したいですが、規模だけでは判断できないので、工務店のレベルを見極めるのはなかなか大変ですよね。

そこで、簡単に工務店のレベルを見極めることができる方法をご紹介します。

工務店で確認したいこと

my house and money

一度、どこかの工務店に資料請求をしたり、工務店のホームページを見たことがある人ならイメージしやすいと思いますが、工務店のパンフレットやホームページには、仕様であったり会社概要であったり、実例写真が載っていることが多いですよね。

でも、パンフレットやホームページに何を載せないといけないという事が法律で決まってる訳ではないので、基本的には工務店の得意なことや、他の会社も載せている当たり障りのないことを、いかにも自社独自の技術というように宣伝している物も見受けられます。

 

ホームページのセンスがいい会社は、つくる家のセンスも良い事が多いですが、つくる家のクオリティまでは中々判断できないんですね。

1分で分かる、評判の良い工務店の見つけ方。

 

そこで、工務店の力量を知るのに役に立つのが家の気密性能(C値)というものです。

工務店に気密性能(C値)というものを聞くと、工務店のレベルがとても判断しやすくなります。

1分で分かる!家づくりで大事な断熱と気密の話

 

では、その理由を見てみましょう。

 

気密性能は家にどれだけ隙間をつくらずに家を建てられるかどうかを数値で表したものです。

この隙間を少なくするというのが結構難しく、職人に任せているだけの工務店では良い気密性能の家をつくることは、まずできません。

 

隙間をつくらないためにはどうすればいいか勉強したり、改善していかないと、気密性能の高い家にはできないんですね。

そのため、気密性能がどれくらいか聞いてみると、その工務店の力量が簡単に分かるようになります。

 

同じように、家の性能や構造など少しマニアックなことを聞けば聞くほど工務店の実力は判断しやすくなりますが、家の工法も数多くあり、比較するには向いていな情報も多いので逆に混乱を招いてしまうこともあります。

その点、気密性能はC値という具体的な数値で知ることができるので、工務店の善し悪しを判断するのにとても便利な指標となんですね。

1分で分かる!家づくりで大事な断熱と気密の話

 

せっかくなので、他にも簡単に工務店のことが分かる方法をご紹介しておきます。

 

かなり効果的なのが、

「工務店の社長の前職が何だったのか」

ということです。

 

例えば営業マンだったのか、それとも設計出身なのか、職人出身なのかでも工務店の個性は大きく違ってきます。

 

営業マンなら営業中心の工務店であったり、売上棟数に厳しい工務店の可能性が高く、家を数多く売ることで会社は成長するかもしれませんが、場合によっては家やお客さんは二の次ということも起こりえます。

あなたの働いている会社が営業会社の場合、同じようなケースを見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

今まで200を超える工務店を見てきましたが、この社長の出身による工務店の個性の判断は大きく外れる事はほとんどありません。

この方法をご紹介した方も「教えてもらって良かった」という方がほとんどなので、ぜひ使ってみてくださいね。

工務店の個性が瞬時に分かる、たった1つの質問

まとめ

今回は、簡単に工務店が判断できる方法をお伝えしました。

もちろん今回の方法だけで工務店を決めるのが良い訳ではなく、デザインや価格などトータルに見ることが大事ですが、デザインや価格の裏で隠れてしまう工務店の実力が目で見えるようになるので、知っておいて損のない方法です。

 

ぜひ、あなたに合った工務店を見つけて、良い家を建ててくださいね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

工務店探しをしている方へ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

今日の問題解決

しっかりした工務店かどうか見極めるにはどうすればいい?

  • 住宅業界は参入障壁が低いので、工務店のレベル差が激しい。
  • 気密性能(C値)で比較すれば、工務店のレベルを判断しやすい。