マイナス金利になると、住宅ローンの金利はどうなるの?

money-168025_640

こんにちは、O型建築士です。

ここ数日「日本銀行がマイナス金利政策を導入」というニュースを耳にされた方も多いのではないでしょうか。

新聞やニュースでも多く取り上げられていますね。

 

あまり聞き慣れないマイナス金利という名前ですが、ではマイナス金利になると住宅ローンはどうなるのでしょうか?

今回は、そんなお金の話を少ししたいと思います。

マイナス金利政策って何?

マイナス金利

まず、今回日銀が発表したマイナス金利政策について見てみましょう。

マイナス金利というと、

「銀行に預けているお金の金利がマイナスになって、預金が減っていくの?」

と思う方もいるかと思います。

 

では、本当にそんなことになるのかと言うと、日銀の説明では銀行が日銀に預ける短期金利はマイナスになるけども、一般個人の預金はマイナス金利にならないと説明しています。

 

要は、「銀行は日銀にお金を預けて利益を上げるのではなく、融資先を見つけてきてそこにお金を融資しなさいよ」というわけですね。

そのため銀行の株価は下落して、大きな融資先である不動産業界の株価が上がると言う現象が起きています。

(実はお金を使いなさいよと言っても効果は限定的で、実際には円安になる効果を期待しているというのが本音のようです)

 

では、今回のマイナス金利。住宅ローンの金利にはどのような影響を与えるのでしょうか?

これから家づくりをしようという方や家づくり中の方、さらには変動金利で住宅ローンを組んでいる方は気になるポイントだと思います。

それでは今度は住宅ローン金利がどうなるのかについて見ていきましょう。

住宅ローンの金利はどうなる?

住宅ローン金利

実は、マイナス金利というのは実際に欧州ではすでに実施されている国もあります。

では実際に住宅ローンの金利は下がったのでしょうか?

 

実はマイナス金利によって住宅ローンの金利が上がるという現象が起きているんです。

マイナス金利だと住宅ローンの金利も下がるようなイメージがありますが、実は反対になっているんですね。

 

その理由は、銀行はマイナス金利だとお金を簡単に増やせなくなりますが、個人の預金をマイナス金利にすることはできません。そのため、その分のコストを住宅ローンなど利益をあげられる物に上乗せしているので、住宅ローン金利が上がると言う逆転の現象が起きているんですね。

 

欧州の例なので日本の住宅ローン金利も同じように上がるのかはまだ定かではありませんが、日銀は今後も経済状況によってはマイナス金利をさらに引き下げる可能性もあります。

長期金利が下がるので短期的には住宅ローン金利が下がる可能性がありますが、一度住宅ローン金利にコストがプラスし始めると、マイナス金利が進めば進むほど住宅ローン金利が上昇するということが予想されます。

さらにはコストを上乗せと言うことはATMの手数料も引き上げられることも考えられますね。

 

住宅ローンの金利はどうすることもできませんが、金利がどう動くのかが分かれば早めに金利を確定するなど手を打つことができます。

これから住宅ローンで家を建てようとしている方やすでに変動金利で住宅ローンを組んでいる方は、住宅ローン金利の動向を気にしているかいないかで大きな差が出てきそうなように感じます。

住宅ローン金利の影響が大きい方は、しばらく住宅ローン金利の動きには注意してくださいね。

では。