和室のインテリアをモダンに見せる5つの方法

IMG_0390

「モダンな和室にしたいのですが、工務店から提案されている部屋だとどうも普通の和室のようになりそうで心配です。和室をモダンにしたい時の、インテリアのポイントがあれば教えてもらえませんか?」

読者さんからこのような質問をもらいました。

 

一時、和室のある家がかなり少なくなる時期がありましたが、最近では和室や畳コーナーをつくる家庭がまた増えているように感じます。

和室があると何気ないときに、「日本ていいなぁ」って思い出させてくれますよね。

ただ、和室はインテリアのつくり方次第で大きく変わります。

すごくお洒落な和室にすることもできますし、フローリングでなくただ畳を敷いただけという味気ない和室にもなるんですね。

そこで今回は、読者さんの質問にお答えするかたちで、モダンな和室をつくるための方法をご紹介したいと思います。

それではどうぞご覧下さい。

和室のインテリア3パターン

和室のインテリアは、大きく分けて3パターンあります。

1つは和風なインテリアにして、より和が感じられる和室。

もう1つはフローリングを多用する現代の家に合うように、モダンなアレンジをした和室。

そして最後は、和室に畳だけ敷いて特に何もしないで使うという3パターンです。

 

和風な雰囲気の部屋にする場合、いくつか守ったほうがいいルールはありますが、基本的に和風の物を揃えていけば和風のインテリアになっていきます。

そのため、比較的簡単に和室の雰囲気をつくることができます。

 

一方、モダンな和室にする場合、ある程度のテクニックが必要となってきます。

ただ、ポイントを押さえれば誰でもモダンなインテリアの和室にできますので、モダンな和室をつくる時のポイントを見ていきましょう。

モダンな和室にする時のインテリアのポイント

和室をモダンな雰囲気にする場合、まず大きなポイントが畳の種類です。

畳というとこんな感じの畳を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

1帖畳

この畳はもっとも一般的で、大きさは1帖サイズの畳です。

畳に縁が付いているので、1帖縁有り畳と呼ばれます。

 

モダンなインテリアの和室にする場合、まずはこの畳をモダンな雰囲気のする畳に変えることから始めます。

こんな感じの畳ですね。

半帖畳

畳のサイズを半分にして縁を無くした半帖畳と呼ばれる畳です。この正方形の畳は琉球畳と呼ばれることもあります。(厳密には琉球畳と縁なし半帖畳は違う物です)

縁が無いのでスッキリと開放感のある和室になり、モダンなインテリアの和室にはピッタリですね。

 

縁なしの半帖畳を置くだけでも少しモダンな印象になりますが、モダンでカッコいい和室になるかどうかは、ここからどうアレンジしていくかがポイントになってきます。

それでは次に、和室が持つインテリアの特性について見てみましょう。

和室の特徴を活かす

和室というのは、部屋やインテリアで使われる素材の持ち味を上手く引き出してくれるという特徴があります。

壁や建具には障子や襖、和紙といった和の代表的な素材が似合いますし、和室は木との相性も抜群と言えます。

もちろん、このような和を代表する素材を使って和室をつくるのも良いですが、和風なものだけでなく和とはまた違った材料を使うのも、モダンな和室にするには重要になってきます。

 

たとえば、コンクリート打ち放しの家で考えてみましょう。

コンクリート打ち放しの家は、その名の通りコンクリートが部屋にむき出しになっていますが、この和風とは言えないコンクリートと畳の組み合わせというのも意外にマッチします。

 

先ほど和室は使われる素材を上手く引き出すとお伝えしましたが、あまりに主張する物でなければ和室は色んなものと上手くなじむんですね。

モダンな和室を作るには、ぜひこの特性を利用していきましょう。

モダンな和室のインテリア

見せ場をつくる

では、和室をモダンに見せるにはどんなインテリアにすればいいのでしょうか?

まずは思い切って、和室の見せ場をつくってみましょう。

どんな物を見せればいいかというと、例えば、モダンアートのような絵を飾るだけで和室は一気にモダンな雰囲気を持つようになります。

 

ともすれば和と対比するような物を置くことで、和室はグッと洗練されてモダンな雰囲気になってくるんですね。

 

モダンアートまでいかなくても、書道家がアートのように書いた大きな和の「書」なんかを飾ると、部屋をグッとモダンな印象にしてくれます。

モダンアート

Photo:http://neigetsu.jp/ja/archives/158

わざわざ和室に床の間をつくらなくても、見せ場をつくることで現代風でモダンな上座ができあがり、和室の中にメリハリができて部屋がグッと引き締まるんですね。(床の間のある方を上座と言います)

 

家具や小物を選ぶ

見せ場をつくってグッとモダンな雰囲気になったところで、次に和室に置く家具や小物でどこまでモダンにするか調整していきます。

 

和風な家具や小物をベースに配置していき、ところどころ洋な物を置いていくと、和室はよりモダンな部屋となっていきます。

好きな小物を置いてあげると部屋に個性が出ていいですね。

 

置く家具は古家具や和タンスのような物か、洗練された家具を置くのがポイントです。

ここで注意したいのが、家具の高さ。

いくらモダンな和室と言っても、床に座ることが基本になるので、高さのある家具をたくさん置くと圧迫感が出てきてしまいます。

そのため座る人の視線に合わせて低めの家具や小物を選ぶのが重要なんですね。

 

季節の物を飾る

日本には四季があるので、余裕があるなら季節感がある物を飾って挙げると、和室の雰囲気がより良くなります。

例えば、夏には涼しげな色をした団扇を飾ってあげたり、冬なら火鉢の置物を置いてあげるのもいいですね。

 

インドアグリーンを置く

最後に、観葉植物を置いてあげるのもポイントです。

和風のインドアグリーンというと盆栽が思い浮かぶ人が多いと思いますが、あまりに和風色の強い盆栽を置くとバランスが悪くなります。

いまではモダンな雰囲気の盆栽も多く出ているので、盆栽を置くならモダンな物を選びたいですね。

もちろん、盆栽だけにこだわる必要はなく、お好みのインドアグリーンを置いてあるのも個性が出ていいですね。

インテリアにこだわるならグリーンや盆栽を入れる器にもこだわると、より素敵な部屋になります。

部屋がおしゃれになる観葉植物25選。おすすめのインテリアグリーンをご紹介します。

 

見せる場所、家具の質と高さ、小物で出す個性、そして季節感を出すことができれば、間違いなくモダンでお洒落な和室ができあがります。

モダンな和室をつくる時の注意点

SW_Filipp Kozachuk

モダンな和室にしたい場合、家を建てる前に注意しておきたいこともあります。

特に窓の配置や種類は重要で、窓で何を見せたいかがポイントになってきます。

例えば、地窓をつくって坪庭なんかがさりげなく見えるようなのも良いですね。

 

和室のインテリアにこだわるなら、何となく窓を付けて置くというのは御法度です。

間違っても、とりあえず引違い窓を付けたなんてことが無いようにしてくださいね。

ものすごく普通の和室感が出てきてしまいますよ。

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

 

インテリアには照明も重要です。

和室の照明計画も、天井付けのボテっとした照明をつけるのでは無く、間接照明やダウンライト、置き型照明を使ってあげると、和室の雰囲気がグッとよくなるのでオススメですよ。

すごく簡単!おしゃれに見える照明の配置3選。

まとめ

今回は和室のインテリアをモダンにする方法についてお伝えしました。

和室は周りの素材の影響を大きく受けるため、家のつくりだけでなく、お洒落な和室にするならインテリアがポイントになってくるんですね。

用途で和室をつくるかどうかというのも、限られた広さの中での家づくりなので仕方ない部分も多くあります。

和室をつくる理由7選。理想の和室のつくり方をご紹介します

 

ただ、和室のインテリアや雰囲気について考えた上で和室を作れば、和室を作らなくても良かったなんてことになる可能性はグッと低くなります。

どうせ和室をつくるなら、ぜひ「日本ていいとこだなぁ」と思えるような和室をつくって見るのもいいですね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

今日の問題解決

モダンなインテリアの和室をつくるにはどうすればいい?

  • 畳は縁のない半帖畳か琉球畳を使用する。
  • 部屋の中の見せ場をつくる。
  • 家具は高さを抑えめに、和風色のつよい家具かモダンで洗練された家具を置く。
  • 小物は和だけにとらわれずに個性を出して遊ぶ。
  • 季節感ある物を置くと、より和のインテリアとしての質が上がる。
  • 和風と対比する物を思い切って置いてみると、モダンなインテリアとなる。