工事がストップしてしまう!?埋蔵文化財包蔵地は要注意

london-441853_640

家の工事がストップするケースとして、現場で何かトラブルがあったので工事を進められないというケースというのが考えられます。

でも、これは工務店や打合せ次第になってくるので、事前に防ぐことは十分可能です。

 

このようなトラブルで工事をストップしないといけないケース以外に、必ず工事がストップしてしまうケースというのもあります。

それは、「埋蔵文化財包蔵地」という場所で家を建てる場合に起こります。

まずは、埋蔵文化財包蔵地とはどういう土地なのか見てみましょう。

埋蔵文化財包蔵地とは

文化財

昔、人が住んでいて住居の跡があったり、土器や石器などが埋もれている可能性がある土地のことを埋蔵文化財包蔵地と言います。

簡単に言うと、何かしらの遺跡があった場所ということですね。

 

そんな遺跡が出てくる場所なんてそんなに無いだろうと思う方が多いと思いますが、この埋蔵文化財包蔵地というのは日本全国で約40万〜50万カ所もあります。

 

特に、奈良や京都など古くから多くの人が住んでいた場所なんかは、埋蔵文化財包蔵地が広範囲に広がっています。

たとえば奈良であれば、奈良時代に平城京がありました。平城京は当時の都なので、かなり広さがあります。

すると、平城京があった場所が埋蔵文化財包蔵地となります。めちゃくちゃ広範囲ですよね。

 

このように、埋蔵文化財包蔵地の土地というのは珍しいことでも何でもなく、普通に家が建っている場所が埋蔵文化財包蔵地ということもよくあります。

 

では、意外に身近な埋蔵文化財包蔵地ですが、家づくりにどういう影響を及ぼすのでしょうか?

埋蔵文化財包蔵地の影響

家づくりで埋蔵文化財包蔵地に出くわすケースとしては、買った土地が埋蔵文化財包蔵地だったというケースが多いです。(土地を売買する際の重要事項説明書や土地の販売図面にも基本的に記載されています)

土地購入の注意点がたくさん載っている!土地の販売図面の見方を解説します。

 

埋蔵文化財包蔵地で家を建てる場合、工事開始の60日前までに国へどういう工事をするのか届出を出す必要があります。

その後、現場確認や協議のうえで、家を建てる際にどういう対応が必要なのかが決まっていきます。

 

すでに遺跡が残ってなかったり工事が埋蔵文化財に影響しないと分かれば、注意して工事を進めるよう指示があるだけという場合があります。これは一番ラッキーなケースですね。

他には、工事着手の時に立ち会いを行い、何か遺構が出てこないかどうか確認するというケースもよくあります。もちろん、その時に何か出てくれば工事はストップして発掘が行われますが、このケースは私は一度も遭遇したことはありません。

ここまでは埋蔵文化財包蔵地でも良いほうで、これ以上の手間が必要になってくる場合があります。

家の工事が遺跡を破壊することになるのが明確な場合、本格的な発掘調査を行うことになってくるんです。

こうなってくると、家の工事は完全にストップするしかありませんね。

 

ここでネックなのは発掘の期間で、発掘は短くて1、2ヶ月。長くて数ヶ月に及ぶこともあります。

しかも厄介なのが、ある程度の発掘工程は教えてもらえるのですが、明確にいつから建築工事に入れるかは分からないんです。発掘は天気次第なので、どれだけ聞いてもいつ発掘が終わるのか明確な答えは出てこないんですね。

そのため、工事の着工日は発掘工程からある程度余裕を持った日程にせざるを得ず、これまた家の完成時期に影響してきます。

 

さらに費用の面でも負担があります。

土地をローンで購入した場合、すでにローンの支払いが発生しているのに家の工事もできず、ただ待つしかないんですね。

家賃とローンの2つの支払が長期に渡るので、じわじわと家計にダメージを与えてきます。

さらには簡単な調査であれば自治体が費用を負担しますが、本格的な発掘調査となった場合は家を建てる人がその費用を負担する必要が出てきます。

条件を満たせば国から補助金を受けることもできますが、お金も必要だし発掘に時間が掛かるとなると、埋蔵文化財包蔵地で遺跡が出てきた場合は、家を建てる人にとってかなりの負担が掛かってしまうんですね。(学術的にはプラスなのかもしれませんが・・)

工事中に遺跡が出てきたら・・

工事の着工

埋蔵文化財包蔵地ではなくても、建築工事中に遺跡が出てきた場合なんかも工事がストップすることになります。

特にマンションやビルなど地中深く掘らないといけない場合は、遺跡が出てくる可能性は高くなります。(昔の人はまさか自分たちが掘り出されるとは思っていなかったと思いますが・・)

地域によっては掘れば必ず何か出てくるような場所もあります。そうなるといつまで経っても建物が建たなくなってしまうので、暗黙の了解として見て見ぬ振りをしているという話も、建築業界にいるとよく耳にします。(基本的にダメですよ)

埋蔵文化財包蔵地のメリット

何だか埋蔵文化財包蔵地だと、家を建てるのに何もいいことが無い感じがしてしまうので、最後に埋蔵文化財包蔵地の場合のプラスの面を1つご紹介しておきます。

遺跡がある場所というのは昔から人が住んでいた場所となり、そのような場所は災害に強いという傾向があります。

洪水でしょっちゅう流される場所に、わざわざ集落をつくることはあまり無いですよね。

昔は周りよりも高い場所に住居を構えることが多く、そのような場所は地盤も強いことが多いです。

 

そのため、埋蔵文化財法蔵置では地盤改良が必要とならないケースが多く見受けられます。(O型建築士調べ)

地盤改良の費用がいらない、地盤の良い土地の見分け方

 

あくまで傾向があるというだけで確実な訳ではもちろんありませんが、災害や地盤が気になるなら埋蔵文化財包蔵地かどうか確認するのも1つの方法と言えますね。

まとめ

今回は工事がストップしてしまう例として、遺跡と埋蔵文化財包蔵地についてお伝えしてきました。

埋蔵文化財包蔵地は自分の力ではどうにもできない事が起こりうる土地です。

もし、いついつまでに引越しをしないといけないなど、家を建てる時期が決まっている場合はかなりリスクの高い土地となってしまいます。

土地情報には埋蔵文化財包蔵地かどうかが書いていますので、必ず確認してから土地は購入してくださいね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

工事がストップする可能性がある土地ってどんな土地?

  • 遺跡後などに指定される埋蔵文化財包蔵地で家を建てると工事がストップする可能性がある。
  • 発掘調査を行うことになれば、数ヶ月にわたり工事がストップする。