施主支給するなら知っておきたい、メリットとデメリット

くま

「施主支給ってどうなんでしょうか?施主支給について教えてください」

 

読者さんからこのような質問をいただきました。

たしかに、施主支給ってお得なような気もするし、実はお得でないような気もする。良いのか悪いのかイマイチよく分かりませんよね。

今回は、そんな施主支給のメリット、デメリットについて、工務店の本音を交えながらご紹介していきます。

それではどうぞ。

施主支給って何?

GREEN_YA20140125500

施主支給とは、施主さんが自分で商品を購入、配送の段取りをして、住宅会社や工務店へ支給する事を言います。

そして、支給された商品を住宅会社や工務店が取り付け工事を行います。

簡単に言うと、本来工務店がやっている商品の手配を施主さんが代わりにすると言う事ですね。

施主支給のメリット

施主支給

施主支給のメリットはいくつかあります。

それでは施主支給のメリットを見てみましょう。

こだわりの品を使える

これは施主支給で一番多い事例です。

一般的には流通していなく、あるお店でしか売っていない物やネットでしか販売していない商品を使いたいという場合です。

アンティークの商品なんかは1点ものが多いので高い確率で施主支給となりますし、こだわりのスイッチプレートなどの小物を施主支給するケースなんかも多くあります。

思い出の品を使える

これは家の建替えの場合に多いのですが、今住んでいる家の一部を新しい家のどこかに使うというケースです。

例えば、古い年代物の梁がある家に住んでいるので、古材として新しい家のどこかに梁を使いたいとか、思い入れの柱や建具などを新居の何かに使いたいという感じです。

立派な古材の梁があると、新築だけどレトロな感じがする個性的な家にする事ができます。

自社製品を使える

これはかなり限られたケースですが、建材会社で施主さん、もしくは施主さんの親御さんが働いていて、その商品を新居に使いたいというケースです。

お風呂やキッチンなどを扱う仕事をしていれば、自社製品を入れたいと思う事はよくあります。価格も安く手に入りますし、自社製品に愛着も持てるようになりますよね。

中には自社製品を入れないと仕事上まずいなんて方もチラホラと・・。

商品を安く手に入れられる。価格を落とせる。

施主支給をすることで必ずしも家の価格が下がる訳ではありませんが、上手く施主支給を使う事ができれば、価格を落とす事も可能になります。

どうしても予算が追いつかない場合なんかは、施主支給を選択肢に入れてみるのも良いかも知れません。

施主支給のデメリット

施主支給のデメリット

施主支給にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。

施主支給のデメリットについてみていきましょう。

住宅会社に確認が必要

施主支給をするには住宅会社に可能かどうか確認が必要になります。

施主支給をすると、住宅会社の利益が無くなる上に手間も増える事が多いため、施主支給お断りという会社もありますので、何かしら施主支給したいと思っている場合は早めに住宅会社へ施主支給が可能かどうか確認しておくと良いですね。

後々トラブルになるのを防ぐ事ができます。

また、商品によって施主支給が可能、不可能といった分け方をしている会社や、持ち込み手数料が必要な住宅会社や工務店なんかもあります。

家の契約前に必ず確認しておきたいポイントです。

ちなみに会社の規模が大きい程、施主支給が難しく、規模が小さい程、施主支給に対して柔軟です。

商品を選ぶのに知識や時間が必要

施主支給の場合、商品を自分で見つけてこないといけないので、ある程度の知識や時間が必要になります。

その労力を手間と感じるのか、それとも手間と感じないのかが施主支給の成功の鍵になります。

(もちろん、選定した物は住宅会社の担当者へ伝えれば、取り付け可能かどうかやインテリアに合うかどうか相談に乗ってくれます)

商品価格だけで判断すると危険

最近では、施主支給専用のネットショップなんかも出てきていますが、商品の価格だけで判断すると危険です。

商品の金額は「物の金額」がほとんどで、取り付け費用なんかは含まれていません。

そのため、取り付けまで含めると施主支給の方が結果的に高かったなんて事もあるので注意が必要です。

施主支給品には保証がつかない

施主支給をして住宅会社や工務店が取り付けた物は、基本的に住宅会社や工務店の保証が付きません。

これはかなり大きなポイントで、住んでから施主支給品にトラブルがあったとしても、すべて自己責任で対応する必要が出てきます。(あからさまな施工不良なら別ですが)

そのため、水まわりなどの製品を施主支給するのは何かあった時のリスクが大きいので、自社製品を施主支給するといったプロの人で無い限りおすすめではありません。

施主支給でよくある物って何?

照明

施主支給で多いものを挙げるとすると、トイレの紙巻き器や洗面所のタオル掛けや鏡といった、家の工事の最後に取り付けるところが一番多いです。

また、照明器具もインテリアショップやネットショップでしか売っていない物があるので、比較的施主支給が多い物と言えます。

 

反対に、工事に大きく影響する所に施主支給というのは滅多にありません。

もし納品の段取りが遅れたりすると工事自体がストップしてしまうので、工事に大きく影響する場所に施主支給する場合は余裕を持った段取りが必要です。

施主支給して満足度の高い場所

石

いままで私が見てきた中で、施主支給の効果が高かった場所もご紹介しておきます。

それは玄関タイルです。

意外かも知れませんが、玄関のタイルや石を施主支給した家は良い雰囲気の家が多いです。

玄関タイルを施主支給する場合、必要な面積を聞いてタイルを発注するだけなので意外と簡単です。あとは工務店から指定された納品日までに玄関タイルが届けばOKです。

工務店が発注するタイルを施主が自分で好きなのを選んで発注すると言った感じですね。

玄関タイルにこだわりがある場合は、品揃えが多い会社で施主支給を検討してみてはどうでしょうか。お気に入りのタイルが見つかるといいですね。

アドヴァン

タイルの施主支給は結構おすすめです。(タイルの寸法や色は工務店と必ず相談した方が良いですよ。)

汚れが目立たない玄関タイルって何色?建築士がお答えします

 

他に施主支給して効果が高いものを挙げると、個人で購入しても住宅会社が購入しても金額が変わらない物は施主支給の効果が高いと言えます。

住宅会社や工務店が仕入れた建材には、ふつうは工務店の利益と保証料がプラスされます。その分、安く仕入れているので成り立っているんですね。

でも、誰が買っても金額が変わらない定価販売の商品の場合は、工務店の利益と保証料がプラスされると定価よりも高くなるなんて事が起こってしまいます。

このような場合は、施主支給した方が圧倒的にお得と言えます。(海外製の製品は定価販売しかしない会社が結構あります)

まとめ

今回は施主支給についてご紹介しました。

施主支給と一言でいっても、メリットとデメリットが結構あるのが分かると思います。

施主支給する場合は、施主支給の仕組みを理解して上手く使ってあげる。

これが重要なんですね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

施主支給のメリットとデメリットって何?

  • 【メリット】こだわりの品を使える。
  • 【メリット】思い出の品を使える。
  • 【メリット】自社製品を使える。
  • 【メリット】価格を下げる事ができる。
  • 【デメリット】住宅会社に確認が必要。
  • 【デメリット】商品を選ぶのに知識や時間が必要。
  • 【デメリット】商品価格だけで判断すると危険。
  • 【デメリット】施主支給品には保証がつかない。
  • 施主支給の仕組みを理解したうえで、施主支給を上手く使ってあげるのがポイント。