スキップフロアをつくるなら知っておきたいメリットとデメリット

断面図 のコピー

スキップフロアの家って楽しいですよね。

見た目に何層もフロアが有るので、見ててワクワクします。

 

そんな楽しいスキップフロアの家ですが、実際にスキップフロアの家を建てるとなると、また別の事を考えないといけません。

それだけ個性が強い家なんですね。

今回は、スキップフロアにするなら知っておきたいメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

スキップフロアにするか迷っている人は特に参考にしてください。

それではどうぞ!

スキップフロアって何?

スキップフロアの断面

スキップフロアとは、フロアの高さをずらして中間階をつくった家のことを言います。

1階と2階の間にあるスキップフロアのことを、中2階。半分地下に埋まっているフロアを半地下と呼んだりもします。

また、スキップフロアと言っても数段しか段差が無い事もありますし、1階と2階の真ん中あたりにある中2階や、2階とあまり高さが変わらないスキップフロアなど、高さの設定は様々です。(上の図のスキップフロアは中2階の高さです)

 

スキップフロアをつくる事で、タテの空間を有効活用することができますし、空間が連続するので視覚的にも体感的にも面白い空間となります。

スキップフロアのメリットとデメリット

スキップフロアのメリットとデメリット

住んでみるととても面白いスキップフロアですが、スキップフロアにもメリットとデメリットがあります。

それではまず、スキップフロアのメリットを見てみましょう。

 

スキップフロアのメリット

土地が狭い狭小地や都市部で収納として活躍

蔵風収納

スキップフロアは、家の平面的な部分だけでなく、タテに伸びる立体的な空間を利用してつくります。

そのため、狭い土地であってもスキップフロアをフルに使う事で、家の中を無駄無く全部使い切る事も可能となります。(上の図参照)

土地の関係で家をこれ以上大きくするのは難しいけども収納スペースが足らないという場合、スキップフロアを検討してみると解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

スキップフロアは空間として楽しい

スキップフロアの有る空間にいると、単純に楽しいです。

感覚的な言い方になってしまいますが、これは誰もが感じる事だと思います。(好き嫌いは別ですよ)

そのため遊び心のある家とか秘密基地のある家にしたい場合、スキップフロアはとても有効な方法となります。

スキップフロアをつくるなら、ぜひ楽しい家にしたいですね。

 

高低差のある土地にとても有効

高低差のある土地

高低差のある土地にスキップフロアをつくると、とても効果的です。

ただでさえ高低差のある土地に、スキップフロアの家をつくる。

なんだか迷路のようになりそうですが、その土地に合わせたスキップフロアとなるので土地を有効活用した家を建てる事ができます。

ただその分、家をつくるのも難しいし時間もかかります。

この場合は工務店に依頼するよりも設計事務所の方が得意な案件とも言えます。

設計事務所って実際どうなの?家を見に行く前に知っておきたい住宅業界。

 

ビルトインガレージと相性がいい

ビルトインガレージとスキップフロアはとても相性が良いです。

理由は、ビルトインガレージをつくる場合、天井高さはそんなに必要無く、ガレージの上にスキップフロアをつくると、とてもバランスが良くなるからです。

ビルトインガレージを造る場合は、スキップフロアも選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

ビルトインガレージのある家。メリット、デメリットとガレージを失敗しない方法

 

スキップフロアのデメリット

スキップフロアのデメリット

スキップフロアはコストがかかる

普通の家をつくるよりも、スキップフロアをつくるほうがコストがかかります。

手間も材料も多く必要になるからです。

そのためコストを抑えたい家をつくる場合は、スキップフロアは選択肢から外す必要があります。

 

スキップフロアは意外に場所を取る

スキップフロアは家の空間を有効活用できますが、スキップフロアをつくるにはある程度の広さ(面積)が必要となります。

収納としてスキップフロアをつくるだけだと簡単で場所も取らないですが、空間に面白さを出すためにスキップフロアをつくる場合は収納をつくる場合とかなり違ってきます。

 

その場合、スキップフロアと他のフロアの繋がりを考慮する必要が有り、意外と場所が限られたり場所が必要となってしまいます。

そのため、スキップフロアのある空間を楽しみたい場合は、多少の無駄も楽しむ覚悟が必要になります。

 

スキップフロアは設計者の腕(間取り)が問われる

設計者の間取り

スキップフロアは、設計者の腕(間取り)が問われます。

たまに何も考えずにスキップフロアをつくった家を見ますが、残念なスキップフロア程、無駄な空間はありません。

反対に、しっかり計算されたスキップフロアの家はとても楽しく感じます。

それだけスキップフロアのある家は、設計者によって善し悪しが分かれる家と言えます。

(スキップフロアをつくるポイントは後日お伝えしますね)

 

自治体によってはスキップフロアがダメな所もある

家を建てるのに建築基準法という法律があり、特殊な場所を除いて建築基準法に適合しているという証明書をもらわないと家を建てる事ができません。

そしてその審査は、各行政の判断を元に建築基準法に適合しているかどうかが審査されます。

日本全国同じ判断という訳ではなく、行政の判断次第で法律の解釈が違ってくるという訳です。

 

そのため、スキップフロアも構造上1つの階に含めないといけないという判断をする自治体もあり、スキップフロアがつくれない地域もあります。(例えば、2階に中2階があれば3階建てという判断をされます)

スキップフロアをつくる場合は、その地域でスキップフロアをつくった実績が豊富な会社に依頼するほうが安心ですね。

まとめ

今回はスキップフロアについてお送りしました。

スキップフロアはとても楽しいですが、個性が強い分、住む人を選んだりもします。

そのため、スキップフロアのメリットとデメリットを理解した上で、スキップフロアの家をつくれば失敗を減らす事ができます。

 

ぜひ楽しいスキップフロアの家をつくってくださいね。

では。

 

スキップフロアと相性の良いロフトの話はこちらを参考にしてください。

ロフトのある家って実際どうなの?100棟以上見てきた正解がコチラです。

間取りについてはコチラも参考にしてください。

家の間取り。4人家族の場合、最低限どれくらいの広さがあれば生活できますか?

家の設計で一番大事な事

間取りの善し悪しを簡単に見分ける方法

その間取りは動線が考えられていますか?

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

スキップフロアの家ってどんな家?

  • スキップフロアとは、高さをずらしたフロアがある家の事。
  • 住んでみると面白いが、住む人を選ぶ家。
  • メリットとデメリットを理解した上でスキップフロアをつくると、失敗が少ない。