土地探しの落とし穴。夏場は太陽の角度に注意!

han0215-049

こんにちは、夏が大好きなO型建築士です。

私は夏は大好きですが、土地を探している人にとって夏は要注意の季節でもあります。

夏の土地探しで何を注意しないといけないのかと言うと、夏の「太陽の角度」です。

 

では、なぜ夏場は「太陽の角度」を注意しないといけないのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

夏至と冬至の太陽の角度

夏至と冬至の太陽の角度

Photo:http://blogs.yahoo.co.jp/taiseikawagoe/

上の図は、夏至と冬至の太陽の角度を表した図です。(12時の時の角度です。)

小学校の理科で習った気がしますが、あらためて図で見てみると夏と冬で太陽の角度が50°弱も違いが有るんですね。

 

夏は日が長くて冬は日が短いというのは生活していて感じますが、角度の違いというのはそこまで気にする事がありません。

 

でも実は、この太陽の角度の違いに土地探しの落とし穴が潜んでいるのです。

夏場は影があまり出ない

太陽の角度が高ければ高いほど、土地の日当りは良く見えます。

その理由は影がほとんど出来なくなるからです。

 

特に夏至の頃になると、太陽の角度は78°もあります。

角度が78°もあると、高さがかなりある建物でない限り影はほぼ出でてきません。

南側に3階建ての建物が建っていたとしても、結構日当りの良い土地に見えてしまうのです。

 

そして、夏場に土地を見て「結構日当りがええやん」と思って土地を購入してしまうと、実際にはほとんど日が当たらないなんて事が普通に起こります。

夏が過ぎると太陽の角度はどんどん低くなるので、周りの建物の影が敷地にどんどん落ちてくるようになるからなんですね。

特に昼間の太陽が一番高い時に土地を見てしまうと、実際に家を建てた時とのギャップはかなり大きくなってしまいます。

 

そのため、夏の土地探しでは日当りを見るだけでなく、まわりの建物をよく観察して影がどれくらい落ちそうかを考慮する事が重要となりますし、時間も昼間だけでなく朝方や夕方の時間帯でも土地をチェックしておきたいですね。

土地探しの失敗例④ あれっ、こんな土地だったっけ?

夏場はゲリラ豪雨もチェック

太陽の角度の話から逸れてしまいますが、夏場はゲリラ豪雨のすぐ後に土地を見てみるのも効果的です。

ゲリラ豪雨の後の土地を見ることで何が分かるかと言うと、雨が溜まってしまう土地なのか、さらには水はけが良い土地なのかどうかが分かるんです。

 

ゲリラ豪雨が降ると、通常の水処理ではまかないきれずに道路にも水が溢れ出るようになります。

そしてその水は、高さが低い土地に向かって集まってきます。自分が買った土地が水浸しなんていうのは避けたいですよね。

ゲリラ豪雨は迷惑ですが、普通では中々分からない水に弱い土地かどうかが分かるチャンスと言えます。

気になる土地が有れば、ゲリラ豪雨が止んだ後に実際に見に行ってみると隠れていた土地の姿を見ることができるんですね。(ゲリラ豪雨の中見に行くのは大変なので、止んでから行ってくださいね)

 

また、水が集まってきたり水はけが悪い土地は昔から水浸しになることが多く、それに合わせて地盤も悪いことが多いので、土地を買う前に必ず知っておきたいポイントと言えます。

地盤改良の費用がいらない!地盤の良い土地の見分け方

まとめ

今回は、夏に土地探しをする時の注意点をご紹介しました。

夏特有の太陽の角度と夕立(ゲリラ豪雨)。

夏場に土地探しをしている方は、この2つを意識しながら土地探しすると、土地の失敗はかなり減らすことができるんですね。

 

季節によって土地の見え方は違ってくるので、その特性をしっかり頭にいれておきながら土地探しをすると、失敗のない土地探しができるようになりますよ。

では。

 

夏はこんなのも注意してください。

土地探しの失敗例⑤ 夏場に注意!お隣のアレが・・

その他の土地探しの失敗例はこちら。

地探しの失敗例① 一番多い失敗とは

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

夏の土地探しの落とし穴って何?

  • 夏は太陽の角度が高いので影があまり出ない。
  • 目で見える影以外に、周りの建物の影が夏以外にどれだけ落ちてくるか考慮するのがポイント。
  • ゲリラ豪雨の後に土地を見ると、その土地の水はけなど普通では見えない姿をみることができる。