勾配天井ってどうなの?勾配天井の魅力とデメリット

DSC01842

「勾配天井にするかどうか迷っているのですが、勾配天井ってどうなのでしょうか?」

読者さんからこのような質問をもらいました。

 

勾配天井のある家は雰囲気が良くて開放感がありますよね。私は勾配天井の家がかなり好きです。

今回はそんな勾配天井の魅力と注意した方が良いポイントをご紹介します。

それではどうぞご覧下さい。

勾配天井って何?

髟キ隹キ蟾・120118-026 のコピー

勾配天井というのは上の画像のように、天井が斜めに勾配になっている天井の事です。

本来は屋根裏としてデッドスペースになっているスペースを、部屋の空間として使っている訳ですね。

その分天井が高くなり、場合によっては梁と呼ばれる家を支える構造材などが部屋に見えてくることもあります。

 

勾配天井の部屋と、平らな通常の天井とでは部屋の雰囲気が結構違ってきます。

勾配天井になっていない部屋と比べてみましょう。

平天井

どうですか?部屋の雰囲気がかなり違いますよね。

天井の高さが違うだけで、部屋の雰囲気は大きく変わるんですね。

勾配天井のメリット

では次に、勾配天井のメリットを見ていきましょう。

勾配天井にはどんなメリットがあるんでしょうか?

部屋に開放感がでる

勾配天井の一番のメリットは、部屋に開放感が出ることです。

同じ広さの空間でも、勾配天井だとタテ(上部)に視線が抜けるので広くて開放感を感じるようになるんですね。

やはり開放感のある部屋にできることが、勾配天井の一番のメリットと言えます。

部屋を明るくできる

天井を勾配天井にすると、高い位置にも窓を付ける事ができるようになります。

本来であれば窓が付けられなかった場所に窓が付くので、その分部屋を明るくすることができるんですね。

部屋を明るくする時に使われるトップライトと同じような効果が得られるという訳です。

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

 

高い位置に窓があると、2階リビングだとさらにリビングが明るくなりますし、周りの家の影響で明るさを確保しにくい平屋の家なんかにもおススメですね。

平屋住宅のメリットとデメリット。知っておきたい平屋の真実。

視線が抜ける

勾配天井にして部屋の高い位置に窓をつけてあげると、視線が外まで抜けるようになります。

しかも窓の位置が高いので、窓から見えるのは家の建物ではなく空が見えることがほとんどです。

家の中から空が見えると気持ちがいいですよね。

夜には窓から月が見えるので、家の中からお月見をしているなんて方も。

通気が良くなる

勾配天井でできた高い位置に開けられる窓を付けてあげると、部屋の中の通気が良くなり家の風通しがよくなります。

通気

理由は、暖かい空気は上へ。冷たい空気は下に動くからです。

そのため、家の一番高い位置に開けられる窓があると、家の熱せられた空気を外に出すことができ、家の中で空気が動くようになります。すると、より新鮮な空気が家の中に入ってくるようになります。

部屋の中で風が抜けると気持ちいいですよね。

勾配天井に窓をつけてあげるとかなり効果的に家を快適にしてくれるんですね。

2階リビングとの相性が良い

勾配天井は2階リビングとの相性が抜群に良いです。

リビングが1階の場合、勾配天井にできるのは平屋などリビングの上が屋根になっている場合に限られ、総2階の家なんかでは勾配天井にすることができません。

 

一方、2階リビングの場合、リビングの上は2階建ての家なら全て屋根です。そのため勾配天井がつくりやすい上に、高い位置に窓を設けても見えるのは隣の家ではなく「空」である場合がほとんどです。

そのため、2階リビングと勾配天井はとても相性が良いと言えます。

天井が高く開放的な上、外へも視線が抜けるのはとても気持ちいいものですね。

【保存版】2階リビングまとめ

 

また、リビングにロフトを付けたい時なんかも勾配天井が活躍します。

眺め

勾配天井で開放感がある上、ロフトがあることで奥行き感もプラスされて相乗効果が生まれるんですね。

ロフトのある家って実際どうなの?100棟以上見てきた正解がコチラです。

 

勾配天井のデメリット

alcohol-428392_640

勾配天井はメリットが沢山ありますが、デメリットも存在します。

それでは次に勾配天井のデメリットについて見ていきましょう。

高いところのメンテナンスに手間がかかる

勾配天井の場合、高いところに付いた照明は掃除や取り替えがけっこう大変です。

今はLED照明が主流になってきているので頻繁に電球が切れる事はありませんが、照明の位置が高い場合が多いので電球の取り替えの際はよく注意しながら交換するか、家を建ててもらった工務店に依頼する必要があります。

お金がかかる

勾配天井にするとお金がかかります。単純に壁の面積が増えるので、その分コストアップになるからですね。

また、天井が高くなると、壁紙を貼ったりする仕上げ作業に足場が必要となります。天井が高いとさすがに脚立では危険ですし作業効率も上がらないので家の中に足場を組むんですね。

このあたりの費用がプラスされるので、勾配天井にするとコストアップとなってきます。

照明計画が難しい

DSC01842

勾配天井の場合、天井が高くなるので部屋としての空間が広くなります。

そのため普通の部屋よりも多く照明が必要になってきます。

また、どこに照明を配置するとか、部屋の明るさを確保しつつどこを照らして雰囲気のいい空間をつくるなど、普通の部屋よりも照明計画の難易度が高くなります。

DSC01855

上の写真は勾配天井を上から眺めた写真ですが、天井から吊るされている照明器具に何やらワイヤーのようなものがついているのが分かるでしょうか?

これは、地震のときの振れ止め用のワイヤーです。

 

かなり高さのある勾配天井の場合、天井から照明器具を吊るすとかなりの長さになってきます。

何も無ければそのままで問題ありませんが、日本は地震の多い国です。

ひとたび大きな地震が起こると、天井から吊るされた照明器具はグルングルンと回ってしまうんですね。

特に照明器具が割れてしまうと部屋にいる人にとって凶器になってしまってとても危険な状態になります。

そうならないようにワイヤーで照明器具を固定しているんですね。

 

このように、勾配天井にした場合には照明計画はもちろんのこと、安全設計も考える必要が出てくるんですね。

個室は勾配天井じゃなくてもいいです

寝室や子供部屋は勾配天井にしない方が落ち着く空間になりやすいです。

寝るのがメインのそんなに広くない空間で天井だけが高いと、何だかアンバランスで落ち着かない空間になってしまうんですね。

ですので、寝室や子供部屋を勾配天井にしたりロフトをつくるのはあまりおススメしていません。

ロフトのある家って実際どうなの?100棟以上見てきた正解がコチラです。

 

どうせならと言うことで寝室だけや子供部屋だけを勾配天井にされる方もいますが、天井の高さが気になったのは最初だけという方がほとんどです。

リビングならまだしも寝室の天井を気にすることはほとんど無く、その分の費用を他に回せばよかったという声をよく聞きますので、個室を勾配天井にする意味はほとんど無いと言えます。

 

それでも個室を勾配天井にしたいという場合、これくらいの広さがあると勾配天井にしても価値がある部屋になってきます。

寝室の勾配天井

個室を勾配天井にするなら広い部屋を勾配天井に。

あまり広くない部屋は、本当に必要なのかよく検討する。

これが勾配天井で失敗しないためのポイントです。

屋根の勾配が低いと効果が少ない

意外に忘れがちなのが、屋根の勾配と勾配天井の関係です。(屋根の勾配とは屋根の角度の事を言います)

勾配天井は通常、屋根の勾配に合わせて天井をつくるので、屋根の勾配次第でどれだけの高さが取れるかが決まってきます。

そのためせっかく勾配天井にしても、屋根勾配が低いとあまり勾配天井らしさは出なくなってしまいます。

こんな感じですね。

勾配天井2

勾配のある場合と比べると一目瞭然ですね。

DSC01842

勾配天井にする場合はどれくらいの高さがとれるのか事前に確認しておくと失敗が少なくなりますよ。

 

また、勾配天井は屋根の形の影響を大きく受けます。

屋根が方流れ屋根なら一方向に高い勾配天井に。

屋根が真ん中で折れ曲がっていたら、部屋の真ん中が一番高い勾配天井にという風に、勾配天井の形は屋根の形次第になってきます。

そのため、勾配天井にこだわるなら屋根の形も重要になってくるんですね。

屋根の形状次第で、家の外観はかなり変わるんです。

家の性能が問われる

勾配天井の家にする場合、部屋の容積が増えるので家の断熱、気密性能が問われるようになります。(断熱、気密を家のどこでとっているかでも変わってきますが)

これは吹抜けでも同じですね。

吹抜けのある家は寒い?家を建てた人100人に聞きました

 

性能の悪い会社で勾配天井をつくってしまうと、部屋がなかなか暖まらないなんて事も。

配天井のせいで寒いと言う家は、家の性能を疑った方がいいかもしれません。

 

一方、性能のいい家は平天井と比べると部屋があたたまるのに多少時間がかかりますが、勾配天井のせいで寒いなんてことにはならないのでご安心を。

勾配天井の場合、高い窓にはカーテンをつけることはあまり無いので、簡単に家の性能をあげるなら窓のグレードを高い物にしてあげるのもいいですね。

 

このように、勾配天井をつくるなら家の性能が高い会社を選ぶ事が重要です。

家をつくる!そんな時ぜひ覚えて欲しい性能の重要なお話

まとめ

今回は勾配天井についてご紹介しました。

勾配天井は部屋が開放的になるのでかなりおススメです。特に2階リビングにするなら天井は勾配天井にした方が断然良いですね。

もちろん勾配天井にもデメリットはありますが、しっかり注意しておけばそんなに問題になる事はありません。

皆さんもぜひ一度、勾配天井を検討してみてはいかがでしょうか?

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

勾配天井のメリットとデメリットって何?

メリット

  • 部屋に開放感が出る。
  • 部屋が明るくなる。
  • 通気が良くなる。
  • 2階リビングと相性が良い。
  • ロフトも一緒につくると、より相乗効果が生まれる。

デメリット

  • 高いところのメンテナンスに手間がかかる。
  • お金がかかる。
  • 照明計画が難しい
  • 個室など、狭いスペースを勾配天井にすると落ち着かない。
  • 屋根の勾配に注意が必要。
  • 性能が高い家にしないと、冷暖房の効率が悪くなる。