マンションと戸建ての違いについて思う事

ビルと親子

こんにちは、O型建築士です。

今日はちょっと脱線しながらマンションと戸建ての違いについて取り上げます。

資産価値とかどっちがいいとかの難しい話は置いといて、もっと単純にマンションと戸建てについて思う事なんですが、「マンションから駅や駐車場に行くのって意外に時間かかるよなぁ」と最近よく思います。

戸建ての家であれば、家から出ればあとは道を歩いて駅に行くだけですが、マンションは家を出てエレベーターに向かって、エレベーターで下まで降りて、さらにマンションのエントランスを出てそこから駅に向かいます。

もちろんマンションの階数や規模にもよりますが、少なくともマンションを出るまで2、3分は見ていないといけないですね。

そうなると、駅まで徒歩5分のマンションだとしても10分弱は必要になってしまうことになります。さらに、朝でエレベーターが各駅停車のように各階に止まったら、かなり時間のロスになってしまいます。

こう考えると、駅まで直結のマンションでもない限り、マンションは意外と時間がかかる住まいだと言えます。

駅まで徒歩〇〇分って情報ばっかり意識してしまって、実際の生活に落とし込むのが難しいんですね。

駐車場へ行くまでの時間

駐車場の距離

駅が近いから車はいらないという人も都市部では多いと思いますが、駐車場に行くのもマンションは遠いですよね。

家を出てエレベーターにのって駐車場に行って。マンションの中に駐車場があればまだいいですが、外にあったりすると意外に駐車場まで歩きます。郊外の大規模マンションなんかだと、玄関から駐車場に行くまでに5分以上かかるマンションもザラにあります。

さらに、機械式の駐車場なんかだと余計に手間がかかりますし。それでいて、結構な駐車場代がかかります。

一方、戸建ての家の場合は玄関を出てすぐに駐車場なので、家を出てから車に乗るまで1分もかかりません。おまけに駐車場代も必要ないです。

そう考えると、戸建てに車があると便利ですけどマンションと車の相性ってあんまりよくないですね。車で買い物した物も家まで運ばないといけないので、駐車場から家までの距離って意外に重要です。

まとめ

マンションと戸建てを機動力で考えてみましたが、マンションは規模が大きい分いろいろと時間のロスが発生してしまいます。反対に戸建ての家は規模が小さいので玄関を出ればすぐに車に乗れますし、駅までの距離も広告に載っている時間と大きく変わりません。

特にマンションはチラシに書いてある徒歩〇〇分を鵜呑みにせずに、家を出てからマンションを出るまでどれくらい時間がかかるか考えてから購入したほうがいいですね。1日数分でも、何十年も住めばかなりの時間になります。

規模が大きくなることで存在感は出るけども、それだけ小回りが利かなくなってしまうと言えます。建物もそうですが、会社など他にも同じ事が言えるので注意しないといけませんね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】