明るい家になる?知っておきたい家の形状。中庭編

中庭アイキャッチ

「中庭」は古くは京都の町家で使われ、現代の住宅でも都市部を中心に「中庭」のある家が造られてきました。

一時期、「中庭」人気が下火になっていましたが、最近また人気が再燃してきています。今回はこの「中庭」についてのメリットとデメリット、さらに建築費の観点から見ていきましょう。

中庭

中庭の家コの字型の家

 

「中庭」とは家に囲まれた庭の事を言います。

中庭の家はカタカタで表現される事が多く、「コの字型の家」や「ロの字型の家」という風に表現され、「コの字型」はその名の通り、家を上から見るとカタカナのコの字に見えるので「コの字型」。

「ロの字型」は中庭の四方が建物で囲まれているから「ロの字型」と呼ばれます。

 

このように「中庭」のある家はいくつかタイプがありますが、なぜ「中庭」のある家がつくられるのでしょうか?

「中庭」のメリットとデメリットをみていきましょう。

 

中庭のメリット

まず「中庭」のある家の大きなメリットは「中庭」があることで家が明るくなることです。

「中庭」から光が入る事で、中庭に面した部屋が明るくなるからですね。そのため、明るさを確保しにくい都市部の住宅では「中庭」は特に有効です。

 

その他に、中庭が上昇気流を起こす事で家の中の風通しも良くなります。さらには、「中庭」は自分の家に囲まれているので、プライバシーが高い庭となり、周りの目線をあまり気にせずに自由に外を楽しめるようになります。

条件によっては、カーテンを閉めずにいつでも庭を楽しめる家をつくるのも可能です。

 

このような効果以外にも、自分の家の中から「中庭」をとおして自分の家が見えるというのは思いのほか楽しい物ですね。

 

さらには昔の町家がそうであるように、中庭があることで上昇気流が発生し、家全体の空気の流れを良くしてくれる効果も期待できます。

 

中庭のデメリット

今度は「中庭」のデメリットをあげてみましょう。

まず建築費の面で見てみると、「中庭」はお金がかかる要因になります。なぜなら、「中庭」をつくると外壁面や家の角が増えてしまうため、建築費が高くなるんですね。(角についてはコチラを参照ください

 

外壁が増えることでもう1つデメリットが発生します。

これは性能によるところが大きいですが、外壁が増えると家の断熱効果が落ちるということです。

そのため、工務店が省エネ性能に力を入れ始めたここ数年は、中庭は断熱効果が下がるので敬遠気味でした。

しかし、性能に力を入れた会社であれば、「中庭」をつくってもあまり断熱性能が落ちなくなったため、最近は「中庭」が人気が復活してきました。

「中庭」をつくるなら性能の良い会社でつくる。これは必ず押さえておきたいポイントです。

ロの字型の中庭

ロの字の中庭

Photo:http://juutaku.co.jp/works/works_22.html

中庭にはいくつか種類がありますが、一番気をつけたいのが「ロの字型の中庭」です。

なぜなら、「ロの字の中庭」は4方が全て家に囲まれている特殊な形をした中庭だからです。

それだけロの字型の中庭はメリットも多いし、デメリットや注意しないといけない事も多いと言えます。

それではまず、ロの字型の中庭のメリットを見てみましょう。

 

ロの字型の中庭のメリット

ロの字型の中庭のメリットは、中庭を中心にして家の中をグルっと回れる回遊動線をつくることができる事です。

その間取りは動線が考えられていますか?

 

中庭を中心にグルグル回れるというのは、単純にかなり楽しいです。さらに回遊動線があれば家の中の移動も楽になるので日常生活でも役に立ちます。

 

また、「家」→「中庭」→「家」というように空間が続くので、家の中がより広く見えるという効果もあります。

さらには家の至る所から中庭が見えるので、カッコいい中庭をつくると家のオシャレ感、高級感がものすごくUPします。

 

ロの字型の中庭のデメリット

ロの字型の中庭のデメリット(注意点)をあげると、中庭の排水の問題があげられます。

ゲリラ豪雨などの大雨が降り続くと、ロの字型の中庭はプールのように水が溜まってしまう恐れがあります。

水の逃げ場所がないんですね。

そうならないように、中庭から家の外へ排水できるように排水管を取り付けておく必要があり、大きめの排水管を通しておいたほうが無難です。また、この排水管が詰まらないように落ち葉などはまめに取り除く必要があります。

 

さらに、ロの字型の中庭は家に4方が囲まれている分、より光の入り方や中庭の大きさを計算に入れないと、暗くジメッとした中庭になってしまうので注意が必要です。(適当に中庭をつくると本当に危険です)

ロの字型の中庭をつくるなら、光が入ってくる場所を確保するのと、ある程度の土地の広さが欲しいところですね。

住宅密集地でロの字型の中庭を作る場合、建築士の腕がかなり問われます。

まとめ

中庭

「中庭」は光と風を家に入れてくれるだけでなく、プライバシーの高い庭で周りを気にせずに外を楽しめるようになります。

また、自分の家から庭をとおして自分の家が見えるので、視覚的にもかなり楽しめます。

そしてなにより「中庭」があることで外が身近に感じられるので、生活に豊かさが感じられるようになります。

 

ただ、「中庭」をつくるには普通の家よりもお金がかかります。

庭も家の一部のようになるので、ただの土のままではなく、手を入れた庭にしたくなりますし、外壁が増える事でお金がかかります。

さらに「中庭」のある家は、家の性能が悪いと暑さ寒さをより感じるようになります。

「中庭」をつくるなら性能のよい家をつくれる工務店でつくるのが重要です。

最後に1点。「中庭」は設計士の腕も問われます。「中庭つくったけど光が全然入らない」なんて事にならないように、腕の良い設計士かプラン力のある工務店にプランをつくってもらうのも重要です。

 

余談ですが、占いの先生に中庭は運気にどんな影響を与えるか聞いた所、「必ずいつも奇麗にしておかないといけない」という返事をもらいました。

私は占いをほとんど信じませんが(占いの先生方すみません)、家の中心にある上にどこからでも見える中庭が汚いと確かに運気が下がりそうな感じはすごくします。中庭をつくるなら、マメな清掃を心がけた方が良さそうですね。

「占い」の先生に家の間取りを見てもらうと、家はどうなるの?

では。

 

家の形状シリーズ1回目はこちら。

→ 家を一番安く建てる方法をお教えします。安く家を建てるためのコツ

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

中庭のある家の特徴って?

  • 中庭をつくると光と通風に優れた家になります。
  • 日照を確保しづらい都市部では特に有効な方法です。
  • 中庭をつくるとお金はかかります。
  • 中庭をつくるなら性能の良い家をつくれる工務店でつくらないと寒くなります。
  • 中庭はプラン力のある会社でプランをつくってもらうのも重要です。
  • ロの字型の中庭は排水に注意が必要。