不動産に強い住宅営業マンの説明書

242

住宅会社にはいろんなタイプの営業マンがいます。

営業マンというと、口がうまくて、いつの間にか家を買わされそう。

そんなふうに思う人もいると思います。

 

でも、営業マンのタイプを知っていれば大丈夫。

どんなふうに対応すればいいかがすぐに分かります。

今回は不動産に強い営業マンの特徴を見ていきましょう。

不動産に強い営業マンの特徴

不動産に強い営業マン

不動産に強い営業マンは、建売住宅、もしくは不動産の営業マンから住宅の営業マンになったというパターンがとても多いです。

 

そのため、土地を探す力であったり、土地の善し悪しについては、豊富な知識と経験をもっています。

 

逆に、家の契約を取りたいときは、土地についてのメリットを多く伝えたり、デメリットもデメリットでないような話し方をして、家の契約を取るという荒技を使う事もあります。

(業界で土地付けというやつですね)

 

不動産に強い営業マンは、お客さまの契約を取るのが目的なのか。それとも、お客さまに満足する家づくりをしてもらう事を考えている営業マンなのか。

結果として人としての信用できるかどうかが、とても大切です。

 

人の信用

 

 

不動産に強い営業マンに合う人

不動産や建売出身の営業マンは、家の魅力を伝えて家を建ててもらう事よりも価格や交渉、駆け引きで契約をとる傾向があります。

そのため、営業マンと価格交渉や駆け引きをしたい人にとっては、絶好の交渉相手になります。

また、土地が出にくい地域で家を建てたい場合や、むずかしい土地に家を建てる場合にはとても力になってくれます。

 

不動産に強い営業マンの対応方法

家の営業マンとしてより、土地のプロとして見たほうがいいです。

そして、家の事は設計士や他の担当者に任せられるような工務店なら、不動産に強い営業マンが一番輝く場所です。

 

また、土地探しはスピードが命ですので、動きのいい営業マンが多いです。

 

ただ、家の事は弱い傾向にあるので、後でトラブルにならないように家の説明もきちんとしてもらうよう心がけて下さい。

 

家の説明

 

不動産に強い営業マンの見分け方

家の事よりも土地の話をよくしてきます。

そして、いつの間にか、土地さがしに家づくりがくっついてくるという不思議な現象が起こります。

 

また、工務店主催の土地セミナーの担当者なんかも、このタイプであることが多いです。

 

余談ですが、慣れてくるとこの人は不動産出身っていうのが、すぐ分かるようになります。

 

不動産に強い営業マンまとめ

営業マンまとめ

土地がなかなか出てこない地域や、むずかしい土地を購入する場合には強い味方になってくれます。

 

家のことには強くない人が多いので、家の事は契約前にしっかり説明してもらいましょう。

 

わたしはこのタイプはあまり好きではありません。

家の事あんまり好きな人いないんですよね。

余談でした。

では。

 

その他の営業マンはこちらも参考にしてください。

→読めば分かる!住宅営業マンの説明書。熱血営業マン編

→住宅営業マンの説明書。ノリがイイ営業マン編

→住宅営業マンの説明書。これはイヤだ、頼りない営業マン編

→こんな営業マンは注意!!具体的な話のできない営業マン

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

不動産に強い営業マンが担当になった時の注意点は?

  • 難しい土地を購入する場合や、土地が出てこない場所に家を建てる場合は心強い
  • 家の事にはあまり強くないので、家の性能や見積もりについてはしっかり説明をしてもらう。